電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

体の中からキレイを作る。肌にいいレシピ

2017年07月31日

青梗菜の白和えで元気な肌細胞をつくるレシピ

献立

 

管理栄養士からのスキンケアアドバイス

本日は、タンパク質がたっぷりの豆腐を使ったレシピです♪

 

豆腐は、肌細胞の材料となるタンパク質を多く含んでいます。豆腐の原料である大豆のままですと、栄養素の吸収率は良くないのですが、豆腐に加工されることで、栄養素の吸収率がグッと良くなります。(もちろん、タンパク質の吸収率もアップです(^^))

 

また、豆腐には、女性ホルモンと似た働きを持つ『大豆イソフラボン』が多く含まれています。なので、豆腐は、更年期障害の症状がある方にもオススメの食品です。手軽に作れる本日の副菜で、タンパク質と大豆イソフラボンをたくさん含んでいる豆腐を食べてくださいね☆彡

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 485 kcal( 26 %)
タンパク質 21.7 g( 31 %) ビタミンB1 0.24 mg( 24 %)
脂質 14.4 g( 31 %) ビタミンB2 0.39 mg( 36 %)
炭水化物 66.4 g( 22 %) ビタミンB6 0.39 mg( 39 %)
カリウム 951 mg( 53 %) ビタミンB12 1.6 mg( 78 %)
亜鉛 5.2 mg( 74 %) ビタミンC 21 mg( 27 %)
3.6 mg( 49 %) 食物繊維 6.1 g( 34 %)
ビタミンA 260 μg( 58 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 1.8 mg( 22 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

最新の記事

月別アーカイブ

閉じる