ビニール肌とは|薄くなった角質層を元の肌に戻す5つの改善法

顔

ビニール肌は、数ある肌質の中でも非常にやっかいです。
なぜなら、見た目にはツヤがあって、美しい肌に見えるからです。

そのため、肌の状態が悪化していることに気づかずほったらかしに
肌荒れ症状が現れたときには、手遅れになることも。

ビニール肌は、見た目はツヤ肌でも、肌を守る角質層は薄いため刺激に弱く、バリア機能が低下して肌の内部は乾燥しています
簡単に言うと、見た目はツヤ肌、実際は敏感肌・乾燥肌です。

そのため、ビニール肌を放置すると、肌の乾燥によるシワ、紫外線によるシミ、肌が敏感なためにニキビなど炎症が起きやすくなります。
見た目はツヤ肌なのに、ヒリヒリしたり、肌の乾燥を感じたら、ビニール肌の可能性が

もし、あなたの肌にビニール肌の疑いがあるなら、この記事を読んでください。

この記事を読むと、以下のことがわかります。

  • あなたの肌がビニール肌なのか、正しく判断できる
  • もしビニール肌だった場合、「5つの改善法」を試すことで元の肌に戻すことができる

あなたのビニール肌を改善して、うるおい美肌を取り戻してください。


    1.ビニール肌とは?

    ビニール肌とは、その名の通り、ビニールを張ったようなツヤ肌のことです。
    見た目は、毛穴も目立たず、ツヤツヤしています。

    ビニール肌は、一見キレイに見えるのですが、実際は、立派な肌荒れ状態です。

    そのため、放置しているとシミ・シワ・ニキビなど、肌荒れを招き、悪化すると炎症を引き起こすこともあります。

    1-1.ビニール肌の特徴は、乾燥しやすく、刺激に弱い状態

    ビニール肌の特徴は、角質層が失われて肌が薄くなり、肌のキメが失われている状態であることです。
    肌のキメが失われているために、肌に凹凸がなくツルツルに見えます。

    肌がツルツルで平らなため、光を反射しやすくなります。
    この反射しやすい肌状態が、ビニール肌がツヤ肌に見える理由です。

    でも、実際は、角質層が薄いためにバリア機能が低下して、水分を保持する力が弱く、水分の蒸散量が多い肌質です。
    また、未熟な角質がむき出しになり、皮脂の分泌も少ないために、肌を守る皮脂膜が作れません。
    皮脂膜が少ないために外界の刺激にも弱くなります

    このようにビニール肌は、乾燥しやすく、刺激に弱い肌質です。
    簡単にいうと、乾燥肌と敏感肌が同時に起きている状態ですね。

    1-2.簡単!今すぐわかるビニール肌チェック

    ビニール肌は、見た目がツヤ肌にみえるために、自覚することが難しいといえます。
    そこで、ビニール肌を見分けるために、下記のチェックを行ってください。

    以上のチェックで、当てはまる項目が多いほど、ビニール肌の可能性が高くなります

    もし、あなたの肌がビニール肌の場合は、後述する「ビニール肌5つの改善法」を試してください。


    2.ビニール肌の原因は、頑張りすぎたスキンケア

    ビニール肌の原因の多くは、「スキンケア方法」です。
    肌質でも、ホルモンバランスでも、気候のせいでもありません。

    スキンケアを頑張りすぎたことが原因であることが大半です。
    正しいスキンケアを頑張るのは肌に良いのですが、間違ったスキンケアは肌荒れを招きます。

    間違ったスキンケアを繰り返すことで、少しずつ角質層が失われ、バリア機能が低下した結果、ビニール肌に。
    ここからは、ビニール肌になる間違ったスキンケアをご紹介します

    2-1.スクラブ入り洗顔

    スクラブ入りの洗顔で肌を洗うと、角質層が減る(薄くなる)ことがあります。
    スクラブは、不要なった古い角質を物理的な力で落とすことが目的です。

    下記のようなスクラブは、角質を強制的にはぎとるため、ある程度の硬さをもった細かな固形物です。
    スクラブは角質より硬いため、肌をこすることで角質を剥がせます。

    スクラブの種類

    • シュガースクラブ
    • ソルトスクラブ
    • 米ぬか
    • クルミ
    • コーンスターチ
    • クレイ(泥)
    • マイクロプラスチックビーズ
    • パウダースクラブ など

    古い角質だけを落とせればいいのですが、そんなにうまくはいきません。
    顔には、不要になった古い角質と必要な角質が混在しています。

    そのため、古い角質だけでなく、必要な角質にも、スクラブの摩擦力が加わります。
    その結果、「古い角質」と一緒に、「まだ必要な角質」が剥がれ落ちてしまいます

    肌に必要な角質が剥がれると、角質層が薄くなりビニール肌になります。

    2-2.洗浄力の強いクレンジングや洗顔料

    汗や皮脂に強いメイクを落とせるクレンジング。
    ニキビ用の洗顔料など。

    強い洗浄力を持ったクレンジングや洗顔は、肌に刺激となることがあります
    肌に必要な皮脂まで落として、肌が無防備な状態に。

    無防備な肌は、水分の蒸散量が増えて、乾燥しやすい状態になります。
    肌は乾燥すると硬くなって、もろくなります。

    東北大学名誉教授の田上八郎著「スキンケアの科学」(南山堂)によると…「手のひらや足底の正常な角質層を削り取って、放置しておくと乾燥してザラザラして硬くなるので折り曲げたり、力を加えるともろくて簡単に割れる。」とあります。

    もろくなった肌は、角質が剥がれやすくなって、角質層が薄くなります。
    そのため、強い洗浄力のクレンジングや洗顔を使うとビニール肌になる可能性が高まります

    クレンジングや洗顔料を使って、肌がヒリヒリしたら、洗浄力の強さがビニール肌の原因に。

    2-3.角質ケア・毛穴ケアのやりすぎ

    角質ケアのピーリングや毛穴パックを頻繁に行うと、肌の角質層が薄くなります
    どちらも古い角質や角栓をとるのが目的です。

    古い角質と角栓だけが取れればいいのですが、そうはいきません。
    肌に必要な角質まで取れてしまいます

    そのため、角質層が薄くなります。
    ピーリングや毛穴ケアをやればやるほど、角質層は薄くなり、ビニール肌に近づきます。

    2-4.スキンケアのやり方やマッサージの刺激

    肌をこするという行為は、少なからず角質を剥がします。
    スキンケアの中には、肌をこする行為がたくさんあります

    • 洗顔で顔をあらう
    • 化粧水や乳液、美容液などを肌につける
    • マッサージ
    • 美顔ローラー
    • パッティング
    • コットンの使用 など

    このような行為は、やり方によって角質を剥がすことにつながります。
    その結果、ビニール肌を招くことになります


    3.ビニール肌5つの改善法

    ビニール肌は、間違ったスキンケアを頑張ったことが原因ですから、正しいスキンケアを適切な頻度で行うことで改善できます

    ビニール肌は、乾燥状態で刺激に弱いことが特徴です。
    そのため、高保湿のスキンケアを肌に負担をかけずに行うことがポイントです。

    詳しく見ていきましょう。

    3-1.ビニール肌の負担を減らす洗顔と保湿だけのシンプルケア

    ビニール肌に、スキンケアのやりすぎによる刺激は禁物です。
    そのため、過剰なスキンケアをいったん中止しましょう

    特に以下のような行為は止めておきましょう。

    • マッサージ
    • 美顔ローラー
    • パッティング
    • コットンの使用

    そして、ビニール肌にやさしい必要最低限のシンプルケアに変更します。
    そもそも、スキンケアの目的は、「洗顔で肌を清潔にする」ことと、「保湿でみずみずしい肌に保つ」の2つです。

    刺激に弱く乾燥したビニール肌は、できるだけ少ない化粧品で洗浄と保湿をすることが重要です。
    化粧品を使用する際には、肌に摩擦が生じて少なからず肌に負担かけます。

    そのため使用する化粧品を減らすと、ビニール肌への負担を減らせます。

    そこで、おすすめなのが・・・

    • ダブル洗顔不要クレンジング
    • オールインワンジェル

    の組み合わせです。

    これなら、たった2つの化粧品しか使わないので、ビニール肌への負担を最小限に減らせます

    ただし、ひとつ注意点が。
    いくら化粧品を減らして負担を抑えても、ビニール肌に必要な保湿効果が落ちては意味がありません。
    そのため高保湿な化粧品を選ぶ必要があります。

    3-2.落としやすいメイクを心がける

    汗や皮脂に強いメイクは、肌への吸着力が強く、落ちにくい傾向にあります。
    そのため、洗い残しになる可能性が高くなります。

    肌に残ったメイクは、肌にとって異物でしかありません
    そのため、ビニール肌に刺激を与えます。

    また、汗や皮脂に強いメイクは、専用のクレンジングでないと落ちない場合があります。
    このようなクレンジングは、洗浄力が高いものが多く、ビニール肌に刺激を与えます。

    ビニール肌になったら、汗や皮脂に強いメイクから、落としやすいメイクに変更しましょう

    3-2-1.ビニール肌にどうしてもメイクしたいなら部分使用

    本来なら、ビニール肌に刺激を与えたくないので、メイクそのものを控えたいところです。
    でも、女性の場合は、そうも言ってられません。

    そんなときにおすすめなのは、ポイントメイクです。
    どうしても気になる部分にだけメイクしましょう

    そうすることで、そのほかの部分への刺激を避けられます。
    また、クレンジングの使用も限定的になるので、ビニール肌への刺激を最小限に抑えられます

    3-3.ビニール肌に刺激を与えるピーリングを控える

    ビニール肌に、溶かしたり、剥がしたりするピーリングは厳禁です。
    ピーリングの目的は、古い角質の除去です。

    ビニール肌は、角質が剥がれて、角質層が薄くなっている状態です。
    古い角質どころか、健全な角質も剥がれて、未熟な肌が露出している状態です。

    そのため、古い角質はありません。
    だから、ピーリングをする意味がありません

    ビニール肌に、ピーリングは意味がなく、肌に刺激にあるデメリットにしかならないので控えましょう。

    3-4.ビニール肌に刺激を与える毛穴パックを控える

    ビニール肌に、毛穴パックは厳禁です。
    毛穴パックの目的は、洗顔では取れない角栓を強制的に剥がすことです。

    ビニール肌は、毛穴が目立たず、ツルツルした状態です。
    そのため、毛穴パックをする意味がありません。

    むしろ、毛穴パックの角栓をとる物理的な力が、ビニール肌へのダメージになります
    だから、ビニール肌に毛穴パックは控えましょう。

    3-5.日焼けダメージからビニール肌を守る紫外線対策

    日常の刺激の中で注意したいのは、紫外線。
    なんと、肌の老化の8割は紫外線が原因です。

    健康な肌が老化する大きな原因である紫外線。
    ビニール肌は、未熟な肌が露出しているので、紫外線に弱く、大きなダメージに

    紫外線を浴びることで赤みや痛みなど炎症を起こします。

    そのため、紫外線対策は徹底的に行いましょう。
    ただ、ビニール肌の紫外線対策には、いくつかの注意点があります

    強すぎるUVカット効果は、刺激になることも

    日常の紫外線なら、SPF15~30程度。
    PA++で問題ありません。

    紫外線吸収剤よりも肌にやさしい紫外線散乱剤の日焼け止めを

    UVカット成分をよく確認しましょう。
    肌にやさしい紫外線吸収剤不使用の紫外線散乱剤の日焼け止めがおすすめです。

    〇紫外線散乱剤

    酸化チタン
    酸化亜鉛など

    ×紫外線吸収剤

    メトキシケイヒ酸オクチル
    ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
    ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
    t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
    オクチルトリアゾン
    パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルなど

    汗や皮脂に強いウォータープルーフ機能が必須

    汗や皮脂で日焼け止めが流れてしまうと、紫外線のダメージをモロに受けてしまいます。
    そのため、ウォータープルーフ機能がついた日焼け止めを選びましょう。

    通常の洗顔料で落とせるものを

    ウォータプルーフ機能は必須ですが、強すぎると洗い残しの原因や洗浄力の強い洗顔を使う羽目になり、ビニール肌にダメージが蓄積されます。

    特に、専用クレンジングが必要な日焼け止めは避けましょう。
    そのため、通常の洗浄力で落ちる程度のウォータプルーフ機能の日焼け止めを選びましょう


    4.ビニール肌についてよくある質問

    ビニール肌について、よくある質問にお答えします。
    あなたのビニール肌改善にお役立てください。

    Q1.ビニール肌をすぐに治したいのですが可能ですか?

    A. すぐというのが具体的に何日を指すのか判断しかねますが、1週間程度でビニール肌を治すことは困難です。
    ビニール肌は、主にスキンケアのやりすぎで角質層が薄くなっています。

    ビニール肌対策を行っても、すぐに角質層が元に戻るわけではありません。
    角質層を元の状態に戻すには、時間がかかります。

    健全な肌状態でもターンオーバー(肌の生まれ変わり)の周期は28日です。
    敏感で乾燥状態になっているビニール肌なら、それ以上の時間がかかります

    ビニール肌の改善を急ぐあまり、過剰なケアをするとさらに悪化するので本末転倒です。
    ビニール肌を治すには、時間をかけて、じっくりと取り組みましょう

    Q2.芸能人のツヤ肌は、ビニール肌なのでしょうか?

    A.肌がツルツル・ピカピカしている芸能人全員がビニール肌ではありません。
    メイクや照明のあて方、カメラの取り方によって、肌の見え方がかなり変わります。

    あくまで個人的な経験ですが、私は今まで何人かの女優さんを見かけたことがあります。
    職業柄、肌を見てしまうのですが、テレビで見てる以上にキレイな肌の女優さんはいませんでした

    今は、いろんな技術が発展しているので、画像や映像の画像が簡単にできてしまいます。
    そのため、テレビで見る肌は、加工されているものが多く見受けられます。

    そのためビニール肌でなくても。肌をツルツル・ピカピカに見せることも容易です。
    特にCMの肌は作りものであることが多いですね。

    Q3.ビニール肌はヒルドイドで治りますか?

    A.ヒルドイドの特徴は、皮膚の保湿効果です。
    ビニール肌は、乾燥しているので保湿効果に限定していえば、ヒルドイドは有効です

    ただし、ヒルドイドには、他にも血行を促進し、血行障害に基づく痛みや腫れを軽くする効果があります。
    そのため、通常は、凍瘡、瘢痕・ケロイド、指掌角皮症、皮脂欠乏症などの治療に用いられます。

    このように乾燥したビニール肌ではなく、もっと深刻な肌の治療に使われます。
    ヒルドイドは薬品で、高い効果がある反面、下記の副作用も認められています。

    • 皮膚炎
    • かゆみ
    • 発赤
    • 発疹
    • 潮紅
    • 皮膚刺激感
    • 紫斑 など

    ビニール肌は、病気ではありません。
    そのため、医師の診断が出た以外では、副作用のあるヒルドイドを使う必要はありません。
    副作用のリスクと釣り合わないと考えます。

    どうしてもビニール肌にヒルドイドを使いたい場合は、医師の指導の下使ってください。
    その際は、以下のことを医師に伝えましょう。

    • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
    • 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)、僅かな出血でも重大な結果が予想される。
    • 妊娠または授乳中
    • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

    参考:くすりのしおり「ヒルドイド

    Q4.ビニール肌と美肌の違いは何ですか?

    A.見た目は、あまり変わりません。
    でも、肌の状態は全く違います。

    美肌は、皮脂膜に覆われてバリア機能が高く、肌内部はたっぷりの水分で潤った状態です
    ビニール肌は、肌が薄く、バリア機能が低下しており、肌内内部は乾燥状態です。

    そのため、美肌は肌荒れに強いですが、ビニール肌は刺激に弱く肌荒れが頻発します。
    ビニール肌に引き起こされる肌荒れは以下の通りです。

    • 角質層が薄く肌が弱いために、紫外線のダメージを受けやすいために、シミの原因に
    • 肌が敏感なために、外的刺激に弱くニキビなど炎症の原因に
    • 肌が乾燥しているために、シワの原因に

    そして、これらの肌荒れ症状はいずれ見た目にも分かるようになります。

    Q5.ビニール肌は、レーザー(フォトフェイシャル)で治るのでしょうか?

    A.レーザーにはいろいろな種類がありますが、基本的には治らないのでおすすめしません。

    ビニール肌に対して、フラクショナルレーザーを使用したフォトフェイシャルが効果的だと考える人が多いです。
    フラクショナルレーザーは、真皮に大して熱変性を受けて凝固させます。
    熱凝固させることで皮膚にダメージを与えて皮膚の再生を促します。
    そのため、ニキビ跡に効果があるとされています。

    この皮膚再生という効果が薄くなった皮膚を再生するに繋がって、ビニール肌をフラクショナルレーザーを使ったフォトフェイシャルで改善できると考える人が多いのでしょう。
    でも、あくまでフラクショナルレーザーによるフォトフェイシャルは、「通常の肌」に使うものです。

    ビニール肌のように、角質層が薄く刺激に弱い肌に使うものではありません。
    未熟な肌がむき出しになっている状態でレーザーを使うことはリスクでしかありません

    そのため、ビニール肌にレーザーを使うことはお勧めできません。
    どうしてもレーザーを使いたければ、ビニール肌をしっかり改善してから行いましょう


    まとめ

    ビニール肌の特徴は、皮脂が薄くバリア機能が低下しているために肌が敏感で乾燥している状態です。
    主な原因は、スキンケアのやりすぎです。

    そのため、まずはやりすぎている今のスキンケアを中止しましょう。

    ビニール肌を改善するには、敏感肌と乾燥肌に対応したスキンケアが必須です。
    そのため、できるだけ低刺激のスキンケアを高保湿の化粧品で行う必要があります。

    また、薄くなった肌が回復するには時間がかかります。
    決してあせらずに、じっくりとビニール肌改善に取り組みましょう。

    低刺激・高保湿のスキンケアを続ければ、元の美しい肌を取り戻すことができるでしょう
    ぜひ頑張ってください。

    コメント