「粉吹き肌」の原因から対処法、メイク直しの方法まで徹底解説

メイクで粉吹きする理由

ファンデーションを塗ったとき、毛穴のないなめらかな肌を演出するはずが、カサカサと粉を吹いたようになる症状。
どうにかしたいと思い、隠そうとすればするほど、肌のアラが目立つ負のループに悩まされている方が意外に多いかもしれません。

そこで今回は、粉吹きしない肌作りを目指すスキンケアとメイク方法、更にはスキンケアの選び方を解説します

粉が吹いた肌を放置して乾燥が進むと、肌にひび割れが起こったり、かゆみが出たりという症状にもつながりかねません。
ですから見た目の問題だけではなく、健康な肌を保つためにも、粉吹き肌への対処は必要なことです。

粉吹きした場合の対処法についてもまとめましたので、粉吹きの正しい直し方や防ぐ方法を知り、美しくツヤのある肌を手に入れたい方は必読です。


1.メイクの粉吹きの原因

まずは、メイクの粉吹きの原因を追求し対策を考えましょう。
粉吹きの主な原因は、2つあります。

  • 肌が乾燥している
  • ファンデーションと下地の相性が悪い

    それぞれ詳しくみていきましょう。

    1-1. 「肌が乾燥」している

    粉吹きは、乾燥が原因であることが多いです。
    まずは、乾燥している肌がどのような状態なのか、皮膚の構造を説明します。

    皮膚の外側にある角質層は、角層細胞が何層も重なりできています。
    角質層は肌にうるおいを蓄え、外部からの刺激を守るバリア機能の役割を担っています。

    正常な肌と、乾燥してバリア機能が弱った肌の違い

    このバリア機能が低下して、角質が剥がれかけて、ガタガタになってしまっている状態が、「粉吹き」です。

    なぜ剥がれかけてしまうのかというと、角層細胞と角層細胞の隙間をうめている「細胞間脂質」が減ってしまっているから。

    肌には水分が逃げていかないように、表面に皮脂と汗が混じり合ってできた皮脂膜がありますが、空気の乾燥や摩擦などでこの皮脂膜が奪われてしまうと、肌内部から水分などうるおいのもとも減ってしまいます。
    すると、角質細胞は剥がれやすくなるのです。

    特に皮膚が薄い部分は皮脂や汗も少ないため、バリア機能も頼りなく、乾燥しやすいです。
    例えば、特に皮膚の薄い目もとや摩擦の多くなりがちな口もとなど。

    また、この何層にも重ねった角質細胞ですが、決して剥がれることが悪い訳ではありません。
    むしろ、定期的に剥がれ落ちるのが正常です。
    剥がれ落ちる仕組みこそが、よく耳にする「ターンオーバー」です。

    ターンオーバーの乱れはバリア機能の低下につながりますが、特にターンオーバーのスピードが速いと問題が起きます。
    なぜなら、ターンオーバーが速すぎた場合、角質細胞が成熟していない「未成熟な細胞」が生まれるからです。

    未成熟な肌の細胞は、ターンオーバーでもうまく剥がれず、剥がれかけた状態で肌に残ります。
    この中途半端に残った角質細胞も、肌が粉を吹いているように見える、ひとつの要因です。

    では具体的に何をするとターンオーバーが速まり、バリア機能が弱まってしまうのか説明します。

    乾燥の原因①間違った「スキンケア方法」

    肌のことを考え行っているスキンケアも一歩間違えると、バリア機能が弱まり、肌の乾燥につながる可能性があります。

    具体的にどのようなお手入れが良くないのか、よくある例は以下の通りです。

    • 洗顔で肌をこする
    • 肌を強くたたき、無理に化粧水を入れ込もうとする
    • 角栓やニキビを指で押して潰す
    • 洗浄力が強すぎる洗顔料を使う
    • ピーリングを頻繁に行う

    これらの間違ったスキンケアには、ある共通点があります。
    すべて、摩擦により肌を傷つけてしまうため、ターンオーバーを加速させてしまう可能性があること
    摩擦は健康な角質細胞を無理やり剥がそうとしているのと同じです。

    例えば、化粧水を無理に肌に入れ込もうとすると、つい力が入ってしまうことがあります。
    また、肌に透明感を与えたいからと、説明書きや注意事項をきちんと読まずに、毎日ピーリング洗顔料やスクラブで顔を洗うのも、肌状態ににとっては良くない影響が与えることも。

    肌を美しく整えるはずのスキンケアが、実は肌に負担をかけていることもあるので、注意しましょう。

    乾燥の原因②冷暖房による「空気の乾燥」

    間違ったスキンケアのほか、冷暖房による「空気の乾燥」も肌を乾燥させることがあります。
    空気が乾燥する理由は、冷房機能と暖房機能によって異なります。

    冷房を付けると部屋の温度が下がるため空気が乾燥します。
    冷房は、熱交換器で熱を奪い温度を下げて空気を涼しくしますが、その際に空気中の水分も奪われてしまうのです。

    空気が含むことができる水分の量は、温度により決まっています
    温度が高ければ高いほど多くの水分を含むことができ、低ければ低いほど水分は少なくなるのです。

    暖房による乾燥は、もともと乾燥している室内の温度を上げることで、湿度が更に下がってしまいます。
    温度が上がると、空気中に含むことのできる水分の量は増えますが、もともと寒かった部屋に水分はありません。
    そのため、湿度は必然的に下がります。

    いずれにしても、室内温度の変化により、肌の乾燥を招いています

    また、風によって空気が循環することで、肌の水分が奪われてしまう可能性もあります。
    冷房や暖房は過ごしやすい空間づくりに欠かせないものですが、肌にとって快適とは限りません

    乾燥の原因③紫外線による「ダメージ」

    紫外線を浴びると肌は乾燥し、シワも生じやすくなります。
    紫外線には、「UV-A波」「UV-B波」「UV-C波」があり、このうち「UV-C波」は、オゾン層で吸収されるため地上には到達しません。

    「UV-A波」は太陽から届く紫外線の大部分を占め、肌に蓄積して徐々にダメージを与えます。
    特に、肌の奥(真皮)に影響を与え、シワやたるみの原因になります。

    一方、「UV-B波」は、「UV-A波」と比べるとはるかに少ないものの、肌に対して影響が大きい紫外線です。
    短時間で肌が赤くなるサンバーンを起こすなど、主に表皮にダメージを与えます

    また、メラニンを増加させシミやそばかすの原因となったり、角層のうるおい力を低下させ乾燥を招いたりもします。

    富士フイルム株式会社が行った研究によると、肌が乾燥する理由は、紫外線により皮膚のうるおいを保つ成分を分解する酵素が多くなることが理由の一つだとされています

    1.UVAの照射により、肌の保水成分を分解する「ストロメライシン-1」が非常に多く発現
    することを発見

    培養皮膚モデルにUVAを照射し、培養皮膚モデル中の全遺伝子約2万個の発現量の変化を網羅的に解析しました。
    その結果、皮膚中の保水成分である「プロテオグリカン」を分解する酵素「ストロメライシン-1」の遺伝子が、UVA照射なしの場合と比較して非常に多く発現していることが判りました(図1)。

    また、実際のヒト皮膚組織において、微量のUVA照射によりストロメライシン-1がより多く産生することを実証しました(図2)。

    引用:富士フイルム株式会社「微量の紫外線(*1)でも、肌が乾燥するメカニズムを解明さらに、肌の保水成分の分解を抑制する成分を発見」

    うるおいが不足した状態が続くと、肌のバリア機能も次第に低下します。
    この現象は、夏場に海水浴で強い日差しを浴びたときはもちろん、朝の数分間程度でも起こることが分かっています

    1-2. ファンデーションと下地の相性が悪い

    肌の乾燥が問題ではない場合、「ファンデーション」と「下地」の相性が悪いため粉が吹いて見えている可能性があります

    ファンデーションには、「クリームファンデーション」や「水性リキッドファンデーション」のように水分を多く含むものと、「ルースファンデーション」のように水分をほとんど含まず、粉と油でできているものがあります。

    例えば、油分の多い下地の上に水分を多く含むファンデーションを使うとメイクのノリが悪くなり、撥水性のあるシリコンが入ったUV下地の上に水分を多く含むファンデーションを使うとはじいてしまうため崩れやすくなる、などがあげられます。

    相性の良いファンデーションと下地を選びたい場合は、下地とファンデーションのメーカーを統一し、ライン使いするのもひとつの手ですよ

    メーカーが違うものを使いたい場合は、成分表でシリコンの配合を確認し、水がベースになっているかどうかを確認して選ぶといいかもしれません。
    ちなみに、「ウォータープルーフタイプ」や「長時間持続タイプ」などに、よくシリコンが使われていますよ。

    粉吹きを防ぐためにも、保湿力の高い下地にリキッドファンデーションやクリームファンデーションを重ね、最後にルースパウダーで仕上げるのがおすすめです。


    2. 粉吹きの応急処置法 とメイク直し法

    ファンデーションを付けた直後にメイクの崩れを感じた場合は、下地との相性が悪い、あるいは、下地が肌になじんでいなかった可能性が考えられます。

    一方で、ある程度時間が経ってから粉吹きを感じた場合は、肌が乾燥している可能性が考えられます。

    応急処置としては、コンシーラーやメイク直しアイテムを活用し、メイクを直す方法が適切です。
    それぞれ方法を解説します。

    2-1. コンシーラーを使う

    コンシーラーはファンデーションと比べるとカバー力があり、崩れた部分のお直しに向いています。
    乾燥による粉吹きの場合は柔らかなクリーム状のタイプがおすすめです

    手順は次の通りです。

    1. スポンジで粉を吹いている部分を軽くおさえ、とれかけている余分なファンデーションをスポンジで取り、凸凹した肌をなめらかに整える
    2. クリーム状のコンシーラーを粉吹きが気になる部分に塗る
    3. スポンジでなじませて、パウダーをはたく

      2-2. ジェルやミストを使ってから、メイクを直す

      保湿アイテムを活用することで、粉吹きもきれいに直せます。
      例えば、オールインワンジェル、保湿ミスト・スプレー、メイク直し専用シートなど。

      個人的にはシートなどで拭き取るタイプは肌への摩擦が心配なのでおすすめしません。
      そこで今回は、オールインワンジェルを使った手順を紹介しますね

      1. ジェルを気になる部分に少量のせてなじませる
      2. 軽くティッシュなどでおさえて、崩れている部分のファンデーションを取る
      3. 再度、ジェルを少量ぬり、ハンドプレス(手のひらで軽くおさえる)をして、肌になじませる
      4. パウダーやファンデーションを軽くはたく

        メイク直しミストも同様にメイクを直せますが、粉吹き肌の場合、ミストだけでは物足りないことも。
        ふきかけた後によく肌になじませるようにしましょう。

        また、オイルインタイプのミスト化粧水を選ぶか、ミスト化粧水で粉吹き部分を整えたあと、クリームやリキッドタイプのファンデーションで仕上げるという方法もありです。

        2-3. 乳液を使う

        乳液はメイクのプロも活用している定番のアイテムです。
        化粧水だと、油分があまり含まれていないため、この後に使うメイクとなじみがよくない可能性があります
        乳液には、うるおいを与える成分とうるおいを閉じ込める油分がバランス良く配合されているので、応急処置には乳液がおすすめです。

        手順は次の通りです。

        1. 粉吹き部分に乳液をなじませ、コットンやティッシュで軽く拭き取る
        2. 再度、乳液を薄めにつけて、ハンドプレス(手のひらで軽くおさえる)をして、肌になじませる
        3. 薄くファンデーションをのせて、整える

          2-4. ニベアなどのクリームを使う

          ニベアクリームには、ミネラルオイル、スクワラン、ワセリン、ホホバオイルなどの保湿力のある成分が沢山含まれています。
          特に乾燥が気になる口もと、目もとはニベアクリームを使ったお直しもしやすいです

          ニベアクリームに限らず、顔に使えるクリームならなんでもOKです。
          手順は以下の通りです。

          1. 乳液同様に粉吹き部分にニベアクリームを少量なじませる
          2. コットンやティッシュで軽く拭き取る
          3. 再度、ニベアクリームを少量塗り、ハンドプレス(手のひらで軽くおさえる)をして、肌になじませる
            (べたつくようであれば、ティッシュで押さえてクリームの油分を調整しましょう)
          4. パウダータイプのファンデーションをのせる

            3. 粉吹きを防ぐためのスキンケア方法

            メイクをしたときに粉を吹かせないためには、肌を整えて乾燥を防ぐ必要があります
            適切なスキンケアを心がけましょう。

            スキンケアのファーストステップである「洗顔」や「化粧水」、「乳液」を使ったお手入れの基本をまとめました。

            粉吹きを防ぐスキンケアで、おさえておきたい3つのポイント

            • クレンジングや洗顔は優しく行う
            • 丁寧な保湿を心がける
            • プラスワンのお手入れを検討する

            3-1. クレンジングや洗顔は優しく行う

            クレンジングや洗顔をする際には、肌に摩擦を与えないよう丁寧に優しく行います
            それぞれ、ポイントを紹介していくので参考にしてみてください。

            クレンジング料を選ぶポイント

            クレンジングをするときは、洗浄力の高いクレンジングは避け、クリームやジェル、ミルクタイプの洗浄力が穏やかで保湿成分が配合されたもの選びましょう。

            しかし、ウォータープルーフタイプのマスカラやティントタイプの口紅など落ちにくいアイテムを使った場合は、洗浄力が強めの専用のオイル系リムーバーと併用し、素早く落とす工夫が必要です。

            洗浄力の弱いクレンジングで無理やり落とそうとしてしまうと、メイクを落とすのに時間がかかるため、肌に負担がかかってしまうのです。

            以下のポイントを抑えておくと、適切なクレンジング料が見つけやすいですよ。

            • ナチュラルメイク:クリームクレンジング、ジェルクレンジング
            • 濃いメイク、落としにくいメイク:ポイントメイクリムーバーとの併用、オイルクレンジング

              シートタイプやローションタイプは洗浄力が穏やかですが、拭き取る必要があるため、あまり勧められません。
              使用する際にはなるべく力を入れないように注意しましょう。

              洗顔料を選ぶポイント

              洗顔料は肌の汚れをしっかりと落としつつ、必要なうるおいは逃さない高保湿のアイテムを選びます。
              また、肌に余計な刺激を与えないためにも、スクラブなどが含まれていないタイプがおすすめです。

              泡立てる洗顔料で洗顔をするときは、洗顔料をしっかりと泡立てきめ細やかな泡を肌にたっぷり乗せ、泡のクッションで摩擦を防ぎながら汚れを落としてください。

              熱すぎるお湯は肌を乾燥させるため、ぬるま湯(34~36度ぐらい)がベスト。
              クレンジングも洗顔料も肌に残らないように、しっかりとすすぎましょう。

              3-2. 丁寧な保湿を心がける

              洗顔後や入浴後は、うるおいを守る皮脂膜や細胞間脂質が洗い流されてしまうため、肌のバリア機能が弱まっている状態です。
              そのため、お風呂から出た後や顔を洗った後はあまり時間をおかず、丁寧な保湿を心がけましょう。

              正しい保湿ケアの方法を紹介します。

              正しい保湿のポイント<一般的な化粧水・乳液の場合>

              洗顔後、まずは化粧水でうるおいを与えます。
              目安は500円玉くらいですが、化粧水により適切な量は異なります。
              使用量の目安はパッケージを見て確認してください。

              化粧水を手のひらに出したら、顔を手のひらでつつみこむようにしてなじませます。
              ムラにならないように、2回ほどにわけて行うと良いでしょう。

              化粧水は手のひらのほか、コットンも使用可能です。
              コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、こすらず、滑らせるようになじませます。
              摩擦にさえ気を付ければ、コットンの方がムラなく均一に付けられます。

              手が肌に吸い付くようになじんだら、すぐに乳液を塗ります
              夏はベタつきが気になり、乳液を塗らない人もいますが、乳液はどの季節でも必要です。
              なぜなら、化粧水はうるおいを与えているだけで、時間が経つと蒸発し持続性がないからです。

              乳液には肌に与えたうるおいを閉じ込める役割があります。
              肌のバリア機能のサポートにもなるので必ず使いましょう。

              化粧水同様、乳液も使用量の目安はパッケージの記載を確認します。
              何も書かれていない場合は、10円玉1枚分くらいが目安です。
              ひたい、あご、両頬、鼻において、全体にムラにならないように伸ばします。
              粉が吹きやすい部分は重ね付けし、しっかりと保湿しましょう

              正しい保湿のポイント<オールインワンジェルの場合>

              化粧水や乳液の役割を持つオールインワンジェルも、保湿ケアにはおすすめです。

              手軽にケアができて時短にもなりますし、なにより摩擦が起こりにくいので乾燥肌には適しています。
              また、乾燥するたびに塗り足せるのも魅力の一つです。

              たっぷりとオールインワンジェルを手に取ったら、手のひら全体に広げます。
              顔を手のひらでつつみこむようにしてなじませます。

              目元や口元など、乾燥しやすい部位には、アイクリームなどを塗るイメージで、オールインワンジェルを塗り足します
              毛穴開きや角栓が気になる部分にも、たっぷりと塗るのがおすすめ。

              時間が経過して乾燥してきたら、またそこにオールインワンジェルを塗り足しましょう
              そうして、乾燥する時間を少しでも少なくしておくと、乾燥の改善に役立ちます。


              4. 粉吹きを防ぐためのメイク方法

              最後は、粉吹きを防ぐためのメイク方法について紹介します。
              少し時間はかかりますが、下地、ファンデーション、フェイスパウダー、ミスト化粧水の順に使用し、丁寧にメイクをするとツヤのある肌に仕上がります。

              粉吹きを防ぐメイク方法4つのポイント

              • 保湿力の高い下地を使う
              • ファンデーションはリキッドタイプを選ぶ
              • ルースパウダーをふんわり付ける
              • 仕上げにミスト・スプレータイプの化粧水を吹きかける

              それぞれ詳しく説明します。

              4-1. 保湿力の高い下地を使う

              ファンデーションを塗ったとき粉吹きにならないようにするためには、保湿力の高い下地を使い、乾燥しないベースを作ることが大切です。
              化粧下地には、トーンアップ効果を狙ったもの、皮脂崩れを防ぐものなどさまざまですが、乾燥の対策が必要なので保湿力を重視して選びます。

              テクスチャとしてはさらさらしたものではなく、軽くみずみずしいものがおすすめです。
              手の甲に付け、時間をおいてうるおい力を確認してみましょう

              化粧下地に含まれている保湿成分は、ヒアルロン酸やオリーブオイルやホホバオイルなどの植物オイル、コラーゲンなどがあります。
              これらの成分は、ハイブランドコスメだけではなくプチプラコスメにも含まれている可能性があります。
              そのため、まずは成分表示を確認しましょう。

              保湿力の高い下地を選んだら、肌に均一になじませます。

              手順は次の通りです。

              1. おでこ、鼻先、両頬、あごにおく(ヨレやすい小鼻周辺とあごは量を控えめにする)
              2. 顔の中央から外側に向けて滑らせるようになじませる

                4-2. ファンデーションは「リキッドタイプ」を選ぶ

                粉吹きが気になる肌にパウダーファンデーションを使うと、時間の経過とともに乾燥による粉吹きが目立つことが多いため、ファンデーションは油分や水分を含んだリキッドタイプが使いやすいです。

                軽い使用感で自然なツヤ感が出るものを選びましょう。
                こればかりは使ってみないとわからないので、サンプルを貰ってきて、丸一日試すことをおすすめします

                続いて、粉吹きを防ぐファンデーションの塗り方を説明します。

                1. おでこ、りょう頬、あご、鼻にファンデーションをおく
                2. 水を含ませたスポンジでファンデーションを顔全体にひろげる

                  顔の中心や細かな部分はスポンジで軽くたたきながら、内側から外側へ向けてなじませます。

                  4-3. ルースパウダーをふんわり付ける

                  リキッドファンデーションを塗ったあとは、フェイスパウダーを乗せます。
                  パフやブラシを使ってのせますが、ブラシの方がよりツヤ感のある仕上がりになります

                  ブラシを使ったルースパウダーの付け方の手順は次の通りです。

                  1. ルースパウダーを少し蓋に取り、ブラシに付ける
                  2. ブラシについた余分な粉を手の甲ではらう
                  3.  鼻、頬、おでこにふんわりと付ける

                    肌をこすらないように優しく乗せて仕上げます
                    小鼻などテカリが気になる部分は少し多めに乗せましょう。

                    4-4. 仕上げにミストタイプの化粧水を吹きかける

                    メイクが完成したら、仕上げにミストタイプの化粧水を吹きかけます。
                    ミストタイプの化粧水は、肌にうるおいを与えられるので粉吹きを防げます。

                    また、メイクの仕上げに使用すると肌がうるおうだけでなく、メイクのフィット感も高まります

                    ミスト化粧水は、霧状でうるおいが長持ちする保湿成分が配合されているものか、オイルインタイプがおすすめです。
                    メイクの仕上げやメイク直し向けに作られているものを選びましょう。

                    ミスト化粧水の使い方は次の通りです。

                    1. 顔から30cmくらいはなす
                    2. 円を描くようにふんわりとミストを吹きかける
                    3. 手の平で顔を軽めにハンドプレスし、なじませます

                      まとめ

                      粉吹きは、「肌の乾燥」と「下地とファンデーションの相性の悪さ」が原因の可能性があります。
                      メイクの粉吹きに悩んだ際には、以下のポイントを心がけると良いでしょう。

                      • 正しいスキンケアで乾燥しない肌に整える
                      • 下地やファンデーションは保湿力の高いものを選ぶ
                      • 粉吹きが目立つ場合はメイク直し用のアイテムや乳液、クリームを活用する

                      以上のことを念願におき、粉吹き知らずの肌を目指してみてくださいね。