電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

スタッフブログ

2021年12月01日

新人スタッフ・稲谷の突撃インタビュー

こんにちは、稲谷生芽です。
今回のテーマは、「働くスタッフが幸せでないと、お客様に幸せは届けられない」という井上の理念に基づき、とびっきりのこだわりが詰まった自社ビルについてです。
こだわりを深く知るべく、「アースケアの社屋」を、インタビューしてきました!

稲谷
よろしくお願いします。

早速、自社ビルについてお尋ねします。
もともと、スタッフのことを思って、「自社ビルを建てた」と聞いています。

具体的には、どのような経緯でしたか?

井上
初めは、「耐震についてどう考えているんですか?」と、スタッフに聞かれたことから。

当時の事務所は、新大阪の築三十年の賃貸ビルだったから、震災などがあったら確かに危ないと思って。

真剣に考えていなかったことを反省し、そこから考え出した結果、自社ビルという選択肢になりました。
それに、女性ばっかりだから、セキュリティ面も考えていたら、警察官の知り合いから、大阪の北摂を勧められて。
良い人との出会いもあって、ここ、豊中に自社ビルを建てることにしたんです。

稲谷
大阪の人ならわかると思いますが、この立地に自社ビルってすごいですよね。
初出勤の時、ウキウキしました。
外壁や社内の色合いがとっても可愛いです。

井上
路や遊歩道に面しているので、少しでも明るい雰囲気を出したくて、パステルカラーにしました。
色は落ち着きのあるカラーを選び、建設当初は水色多めかな。
色はあせていってしまうため、人知れず十年に一度ぐらい塗り直しをし、進化してます。

あとは、単調に仕事をしていると、思考もルーティンで『作業』になりがち。
考えることがおざなりにならないよう、部屋ごとでカラーに変化を付けました。
部屋によって行う仕事が異なるので、カラーを見ることで、目的意識を持って取り組めればと思って。

稲谷
さすが、進化するアースケア!(笑)外壁までも進化。
やはり、社内の色の変化にも、社長の思いと、こだわりが詰まっているんですね。
社内で、スタッフの要望を取り入れた部分はありますか?

井上
食堂や、ジムです。
独り身が多いのでコンビニ食ばかりだったから、温かい食事が食べられるように食堂を作りました。
夜遅くまで、仕事してもらっている日々だったから、食べたあとに休憩できる畳スペースも作りました。

あと、仕事帰りや休憩時間に、いつでも運動ができるよう、ジムスペースも。
ボクシングのリングは趣味で(笑)
ランニングマシーンや筋トレグッズを揃えたのは、座りっぱなしの仕事だから、少しでも、運動不足の解消をと。

稲谷
ジムは、社長もよく利用されていますよね。
ボクシングがお強いと噂で聞いております。

食堂も休憩スペースもとっても居心地良いです。
建設する上で、一番こだわった部分はどこですか?

井上
セキュリティです。
社屋内に入るまでには、二重のセキュリティ―を設けており、部外者が立ち入ることはできません。
女性が多い職場だから、安心して仕事ができる環境を確保しています。

稲谷
なるほど。
おかげで、安心して働けております。

自社ビルを建てるにあたって、苦労したことって何かありますか?

井上
全ての部屋に、光が入るように設計するのは苦労しました。
耐震など、専門的なところは、設計士に任せながら間取り図は、全て自身でアイデアを出しました。
光の入り方や効率的な部屋、廊下、階段、トイレの配置など。
設計士とは、何回も何回も打ち合わせをして、練りに練ったおかげで、かなり、効率的な配置と部屋の使い方になっています。

稲谷
さすがです。す、すごい。

アースケアは在庫管理や梱包・発送まで、自社ですべて行っていますが、それも、社長の『こだわり』ですか?

井上
そうですね、できることは全て、自社で行いたいと思っています。
なぜなら、不備などがあった時、真摯に対応できるからです。

もし、梱包・発送などを外部に委託していた場合、何か不備があって、お客様からご連絡いただいても、委託先に指示するだけで終わってしまう。
でも、自社でやっていたら、それを受けて改善方法や対策を考えられる。
アースケアとして行う仕事に、最後まで責任を持つために、自社で行っているしこれからもそうしたいと思っています。

稲谷
なるほど。やはり、第一に、お客様のためですね。
今回は、自社ビルにこめられた、たくさんの『こだわり』を知れてとても勉強になりました!

お客様対応から梱包作業や、在庫管理まで、アースケアに関わる業務の全工程を行うための自社ビル。
お客様第一の『思い』や『こだわり』がたっぷり詰まっていました。この自社ビルがあることで、ウキウキメイトさまに、細やかで丁寧なサービスを提供が可能です。
これからも、良いサービスを実現していきますので、よろしくお願いします。(稲谷)

 

おまけ


インタビュー前、ぺこりあう2人。

最新の記事

月別アーカイブ

閉じる