電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

スタッフおすすめ。ピックアップ商品

2018年10月01日

体の中からうるおう肌づくりを検証してみませんか?

「本当にサプリは効果があるの?」実験のために生まれた商品

本格的な寒くなり、乾燥の季節がやってきます。
そんな今、お話したいのが、『うるキレイ』についてです。

肌トラブルの原因はどこに?
肌トラブルは、基本的には『正しい保湿』を『継続的に行う』ことで、改善が期待できます。『正しい保湿』とは、肌が必要とするだけうるおいを与え、それを保持すること。そして、『継続的に行う期間』は、肌トラブルが発生してからの年月と同等の期間を指します。

しかし、中には、この条件を満たしているにも関わらず、肌トラブルが改善しない場合もあります。それは、肌トラブルの原因が乾燥などの”外的要因”にあるのではなく、”内的要因”である可能性が高いからです。

スキンケアによる外側からのケアでは、症状の予防や軽減することはできるものの、根本的な原因の根治には至りません。

だから、「体の外からだけでなく、内からもアプローチすることでキレイ肌になる可能性が高まるかもしれない」そう考えながら、さまざまな研究・検証を行ってきました。

手軽に飲める『美容ドリンク』を研究開発した結果は

プラセンタやコラーゲン等を用いた『美容ドリンク』を研究したときには、原料の特徴を吟味して、いくつもの試作を作り、効果を検証しました。

このときは、モニターにご応募くださったウキウキメイトの皆さんにも試飲していただき、アンケートにお答えいただきました。

様々な検証を行った結果、コラーゲンやプラセンタを用いた美容ドリンクは納得のいく効果を得られず、商品化には至りませんでした。

原料の種類や配合量を変えた10種類以上の試作品を飲み比べたり、メーカーを変えた原料を使ったり、さまざまな検証をしてきました。

しかし、効果がない結果ばかりでも試すことを止めず、続けてきました。
ウキウキメイトの皆さんから、「体の中から潤う商品を開発してほしい」という要望をたくさんいただいていたからです。

そんな中、腸内環境を整える『ステキレイ』の開発過程であらたな気づきがいくつもあり、保湿に特化した健康食品を試作してみることになりました。

ふとした気づきから始めた実験とは

保湿効果と言えば、『ヒアルロン酸』です。過去の試作においては、ヒアルロン酸の配合量ばかりに注目していました。

しかし、ステキレイの開発過程において、「単体の成分だとその人に作用しない可能性も高い。どれが合うかわからないなら、効果の高そうな種類をめいいっぱい入れてみる」という方向性で商品づくりを考えるようになりました。

そのため、ヒアルロン酸の含有量はもちろんのこと、それだけではなく、とにかく保湿効果のある、本来なら単体でも主役級成分を配合する実験をしてみようと考えたのです。選んだのはこの成分で、効果を見込める量を原料屋さんと製造工場と相談して決めました。

  • ヒアルロン酸 120mg
  • マンゴスチン 120mg
  • ツバキ種子エキス末 120mg
  • スターフルーツ葉エキス末 120mg
  • セラミド 1.2mg

健康食品業界で、保湿がかなり期待されている成分をとにかく入れてみて、「これで効果がなかったら、もう開発は諦めよう」という内容のものを作りました。

検証の方法も変更。その結果

さらに、検証方法も変えました。

これまでの検証は、「摂取したら、どんな効果があったか?」というその結果を検証していましたが、これを止めたのです。なぜなら、人は良くなったことには意外と気づかないからです。

だから、3か月間、毎日摂取した後に、止めてみて「どうなったか?」を検証しました。人は、「悪くなったこと」の方が、認識しやすいのです。もし、効果があったら、辞めた後に悪くなる症状が出るはずです。こうして、アースケアで働くスタッフ全員、30代以上40代を中心に実験を行いました。

その結果、商品化に至りました。検証結果などの詳細は、こちらからご覧いただけます→『うるキレイ詳細ページ』。

正直言って、その効果の感じ方は人それぞれでした。スタッフの中では、「関節の痛みがやわらいだ」という声もあれば、「乾燥しにくくなった」や「何も変わらない」という者もいます。開発者の井上は、「右足首の痛みが軽減した」と言います。

この記事を書いている私(雲林院・43歳)は、「目薬を使わなくても、目が乾きにくくなった」ことが一番に感じた効果です。その後、「体はどうなんだろう?」と考えて、腕~二の腕にはアクアテクトゲルを塗り、足のスネには塗らない、という実験をしています。結果、「アクアテクトゲルを塗っていないけど、今年の冬は足のスネ部分のカサカサがやわらいでいる」と、1年以上の服用で感じました。

このように、乾燥肌を改善するべく作った”保湿特化型サプリメント”でしたが、望む通りの部位への作用が現れない可能性もあります。特に20代スタッフでは、ほぼ「何も感じない」という検証結果も出ています。

ですからもし、「体の内側から、乾燥肌や敏感肌へアプローチをしてみたい」と考えている方で30代以上の方には、『うるキレイ』はおすすめです。肌の乾燥の原因が、「体内にあるのか、ないのか」また、「保湿効果があるとされる栄養素の補給で、改善できるのか」ということがはっきりさせることができます。

お試しいただけるのであれば、ぜひ、価格がお得な『定期購入』で、『3ヶ月毎日飲み続けて、その後、1ヶ月飲むのを止める。その間に起こる変化を観察する。』という飲み方を実行してみてくださいね。

この記事でご紹介した「うるキレイ」の商品ページはこちらからご覧いただけます→『うるキレイ詳細ぺージ

最新の記事

月別アーカイブ

閉じる