日焼けしない子供用日焼け止めおすすめ7選。16商品を検証して厳選

子供用の日焼け止めおすすめ

子供用の日焼け止め、きちんと選んだつもりでも、実際に使ってみると、
「ちゃんと塗っていたのに、日焼けしてしまった!どうして?!」
「これって本当に紫外線カットできているの?
など、日焼け止めの効果を疑問視することありませんか?

そこでこの記事では、「子供用」「子供に使える」という日焼け止めの

  • 紫外線カット効果
  • 実際に子供に使ってみた使いやすさ(塗りやすさ・落としやすさ)

この2つを検証した結果、子供に使いたい日焼け止めをご紹介します。

    紫外線カット効果というと、「SPF値」と「PA値」で選ぶのが普通です。
    でも実は、同じSPF値でも、カット効果が違うことがあります

    そこで、この「UVラベル」を使います
    UVラベル(紫外線インジケータ@日油技研工業)は、外線を受けて無色から有色へと変色するシールのこと。
    これを使って、「どれぐらい紫外線が透過しているか?」を検証しました。

    UVラベルとは

    この2つとともに、実際に子供に塗ってみた感想を併せてレポートします

    ちなみに、実際に試した5歳の子供は敏感肌で、小さいころから湿疹やじんましんが出やすいアレルギー体質、ズボンのゴム線はしょっちゅうかぶれる、物理的な刺激にも弱い肌質です。

    子供の肌荒れ・湿疹の変遷

    そんな子供でも問題なく使えた日焼け止めを紹介しています。
    お困りの方はぜひ参考にしてくださいね。

    毎日が忙しいあなたの手助けになりますように。


    1.子供用の日焼け止16商品を検証して厳選した7商品はこちら

    「子供用」や「子供も使える」と売られている日焼け止めで、ドラッグストアやネット通販で簡単に買えるもの16商品を用意しました。

    子供に使いたい日焼け止めの選び方

    • 日常使いには「SPF30まで」「PA++まで」にする
    • 汗かく日や海山では、「SPF30以上」で「PA+++以上」にする
    • ウォータープルーフ機能があればなおよし
    • 小さい子供や肌の弱い子供さんは、「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」を選ぶ

    もっと詳しく日焼け止めの選び方や、効果的な使い方について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください
    【関連記事】子供のための日焼け止め選び。大人も使える日焼け止め3選も紹介。

    上記を踏まえて、以下の2つを検証した結果、おすすめできる商品は以下の3品です

    1-1.日常生活レベル(SPF30まで)の日焼け止めランキング

    1位ユースキン日焼け止めミルク(SPF25/PA++)

    ユースキン 日焼け止めミルク

    使用感

    ユースキン日焼け止めミルクの中身とUVラベルの結果

    • ゆるめのクリームタイプで、塗り直しもしやすい
    • 紫外線散乱剤使用なので、敏感な肌の子供でも安心
    • 伸びが良すぎるとカット効果が心配ですが、これは白っぽくなりながらも適度であって、伸びやすい、いいバランスの使用感
    • 顔も体も、全身使えます
    • 落とす際も、普通の入浴(体を洗う・お湯洗顔)で落ちました
    商品の特徴

    お子さまのお肌や敏感なお肌を毎日の紫外線から守る

    • うるおい成分「しその葉エキス」を配合。
    • 紫外線を防ぐ効果と、お肌へのやさしさの両立を考えた低刺激処方の日やけ止めです。
    • 紫外線吸収剤無配合、落とす時には石けんで簡単に落とせるうるおう日やけ止めミルクです。

    40g オープン価格 
    参考:Amazon価格755円(税込)
    ※2020年1月8日現在

    公式サイト:ユースキン日焼け止めミルク

    全成分 水、パルミチン酸エチルヘキシル、酸化チタン、BG、ペンチレングリコール、ステアリン酸ソルビタン、トリエチルヘキサノイン、メタクリル酸メチルクロスポリマー、アルミナ、グリセリン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、シソエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、トコフェロール、クエン酸、クエン酸Na、ポリソルベート80、イソヘキサデカン、ベヘニルアルコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ヤシ脂肪酸スクロース、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリン)コポリマー、キサンタンガム、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、メチコン、ポリヒドロキシステアリン酸、メチルパラベン
    2位ママバター UVケアクリーム(SPF25/PA++)

    ママバター UVケアクリーム

    使用感

    ママバター UVケアクリームの中身とUVラベル結果

    • クリームタイプで、塗り直しもしやすい
    • 紫外線散乱剤使用なので、敏感な肌の子供でも安心
    • 白っぽくなるタイプなのに伸びは良く、使用感も重すぎないため使いやすいです(1位に比べると白くなります)
    • 顔も体も、全身使えます
    • 落とす際、少し落ちにくさがあるものの、体を洗う・お湯洗顔の過程で落ちました
    商品の特徴

    天然由来保湿成分シアバター5%配合でお肌を潤しながらUVケアできる、クリームタイプのノンケミカル*¹日焼け止め。
    保湿効果が高く、冷暖房による日中の乾燥からもお肌を守ります。
    全身用としてはもちろん、お顔用・化粧下地として一年中お使いいただけます。
    石けんで落とせます。

     
     ■皮膚科医による皮膚刺激性テスト済*²
     ■アレルギーテスト済*² 
     *1 紫外線吸収剤不使用 
     *2 全ての方に肌トラブル・アレルギーが起こらないということではありません。

    45g 1,320円(税込)
    ※2020年1月8日現在

    公式サイト:ママバターUVケアクリーム

    全成分 水、DPG、酸化チタン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸エチル、シア脂、ジカプリン酸PG、 グリセリン、ステアリン酸ソルビタン、ペンチレングリコール、イソステアリン酸PEG-20、水酸化AI、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、酸化亜鉛、ステアロイルグルタミン酸2Na、ベヘニルアルコール、オクテニルコハク酸デンプンAI、 (アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、 t-ブタノール、ステアレス-2、ヤシ脂肪酸スクロース、イソステアリルグリセリル、トコフェロール、水酸化Ca、 フェノキシエタノール
    3位アトピタ 保湿UVクリーム(SPF29/PA++)
    アトピタ 保湿UVクリーム
    使用感

    アトピタ 保湿UVクリームの中身とUVラベル結果

    • ゆるめのクリームで、塗り直しもしやすい
    • 紫外線散乱剤使用なので、敏感な肌の子供でも安心
    • 伸びが良すぎるとカット効果が心配ですが、これは白っぽくなりながらも適度であって、伸びやすい、いいバランスの使用感
    • 顔も体も、全身使えます
    • 落とす際も、普通の入浴(体を洗う・お湯洗顔)で落ちました
    • 容量が少なくすぐに無くなりそうで、体にたっぷり使うことには抵抗がありました
    商品の特徴
    • SPF29 PA+++で、紫外線からお肌をしっかりと守ります。
    • なめらかな使い心地でみずみずしいウォーターベース処方なので、やさしく塗り伸ばせ、きれいに落とせます。
    • うるおい補給成分:ラノリン脂肪酸コレステリル(保湿剤)配合。
    • 天然成分[ヨモギエキス]がお肌を保湿します。
    • UVカット成分をコーティングしているので、お肌をゴシゴシこすらず、きれいに落とせます。
    • アレルギーテスト済み。
      (全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)
    • 紫外線吸収剤不使用・無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーです。

    30g 935円(税込)
    ※2020年1月8日現在

    公式サイト:アトピタ保湿UVクリーム

    全成分

    水、シクロペンタシロキサン、BG、酸化チタン、ジメチコン、ステアリン酸ソルビタン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、酸化亜鉛、 ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ラノリン脂肪酸コレステリル、ヨモギ葉エキス、ベヘニルアルコール、PCAジメチコン、含水シリカ、ハイドロゲンジメチコン、フェノキシエタノール、PEG-10ジメチコン、キサンタンガム、(アクリル酸ヒドロキシエチル/ アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、水酸化Al、ヤシ脂肪酸スクロース、スクワラン、トコフェロール、ポリソルベート60

    1-2.外で運動・外遊びが多い用(SPF30以上)の日焼け止めランキング

    敏感肌など肌が弱い子供用ランキング
    【紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止め】

    • とにかく肌が弱い
    • 刺激が強いものは使いたくない
    • 白浮きなど使用感よりも、肌へのやさしさを重視したい

    そんな方には以下の2品をおすすめします。

    1位キュレル UVミルク(SPF30/PA++)
    キュレル UVミルク
    使用感

    キュレル UVミルクの中身とUVラベル結果

    • 乳液タイプで塗り直しもしやすい
    • 紫外線散乱剤なのですが、医薬部外品のため、肌に合わないお子さんはおられるかもしれません
    • 塗っても白くならずに塗り広げやすい
    • 顔も体も、全身使えます
    • 落とす際も、普通の入浴(体を洗う・お湯洗顔)で落ちました
    • 塗っている・塗っていない箇所が見た目にわからないことと、白くないので汗で落ちてもわからないのが難点に思えました
    商品の特徴
    • セラミドケア*1しながら紫外線から肌を守る、乾燥性敏感肌を考えたUV。
    • さらっとなじんでベタつかない、乳液タイプ。しっとりとした使い心地。
    • 日常の紫外線をしっかりカットし、紫外線による肌ダメージ(乾燥、日やけによるシミ・ソバカス)を防ぐだけでなく、セラミドケア*1で、外部刺激で肌荒れしにくい潤い肌に保ちます。
    • 植物由来の消炎剤(有効成分)配合。日やけ後のほてりを防ぎます。
    • 潤い成分(セラミド機能成分*2、ユーカリエキス、アスナロエキス)配合。
    • 白残りせず、肌への負担感のないつけ心地。
    • 化粧下地としても。肌をなめらかに整えて、ファンデーションののりをよくし、時間がたっても仕上がり持続。
      *1 セラミドの働きを効果的に補い潤いを与える
      *2 ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

    30ml オープン価格
    参考:Amazon価格1,650円(税込)
    ※2020年1月8日現在

    公式サイト:キュレル UVミルク SPF30 【医薬部外品】

    全成分

    グリチルレチン酸ステアリル、水、シクロジメチコン、ジメチコン、低温焼成酸化Zn、酸化Zn、アスナロエキス、グリセリン、シリコン被覆タルク、POE・ジメチコン共重合体、BG、流動イソパラフィン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、メチルハイドロジェンポリシロキサン、シリコン被覆酸化亜鉛(S)、ユーカリエキス、パルミチン酸デキストリン、PEG1540、ジメチルパルミチルポリシロキサン

    2位シーラボ ベビーUVクリーム(SPF30/PA++)
    使用感

    シーラボベビーUVクリーム

    • 重めのクリームタイプで、塗り直しは少し手間でした
    • 塗るとかなり白くなりますが、塗っている(肌を守れている)安心感があります
      落ちにくく、塗り直しの回数が少なくて済みました
    • 紫外線散乱剤なので、肌が弱いお子さんでも使えます
    • 顔も体も、全身使えます
    • 落ちにくさがあります。
      体はふつうに洗う時に落とせます。顔は、洗う前にお湯で温めたタオルで10秒ほど包むと落としやすいです。
    商品の特徴
    • 徹底したやさしさで全身紫外線からブロック

    • 持ち運びに便利なコンパクトサイズ
    • 6つのフリー(無香料、無合成着色料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、紫外線吸収剤フリー)

    30g 1,320円(税込)
    ※2020年1月8日現在

    公式サイト:シーラボ ベビーUVクリーム

    全成分

    水、シクロメチコン、酸化チタン、ジメチコン、トリメチルシロキシケイ酸、セチルジメチコンコポリオール、PEG-10ジメチコン、ビス(PEG/PPG-14/14)ジメチコン、ペンチレングリコール、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、セラミド2、グリチルリチン酸2K、サクラ葉エキス、アルゲエキス、メリアアザジラクタ葉エキス、グリセリン、BG、コレステロール、トコフェロール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、アルミナ、ステアリン酸Al、フェニルトリメチコン、塩化Na、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール

    健康肌の子供用ランキング
    【紫外線吸収剤の日焼け止め】

    • 特に肌が弱いわけではなく健康な肌
    • 白浮きしたくない
    • 少しでもSPF値が高いものを使いたい

    そんな場合には、「紫外線吸収剤」を使った日焼け止めで、紫外線透過しにくかったこの2品をおすすめします。

    1位紫外線予報 UVさらさらジェル(SPF30/PA+++)
    紫外線予報 UVさらさらジェル
    使用感

    紫外線予報 UVさらさらジェルの中身とUVラベル結果

    • ジェルタイプで、塗り直しがしやすい
    • 伸びが良く、吸収剤なのでまったく白くなりません
    • 顔も体も、全身使えます
    • 落とす際も、普通の入浴(体を洗う・お湯洗顔)で落ちました
    • 塗っている・塗っていない箇所が見た目にわからないことと、白くないので汗で落ちてもわかりません。
      きちんとカットできているのか不安もあり、こまめに塗り直しました。
    • お得用があるので、安心して体にも使えます
    商品の特徴
    • 徹底したやさしさで全身紫外線からブロック

    • 持ち運びに便利なコンパクトサイズ
    • 6つのフリー(無香料、無合成着色料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、紫外線吸収剤フリー)

    50g 1,045円(税込)
    250g 1,760円(税込)
    ※2020年1月8日現在

    公式サイト:紫外線予報 UVさらさらジェル

    全成分 水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、シリカ、オレンジ油、グリチルリチン酸2K、α‐アルブチン、ブドウ果実エキス、ユキノシタエキス、ヒアルロン酸Na、セルロースガム、炭酸水素Na、アセチルヒアルロン酸Na、銀、白金、オウゴン根エキス、マグワ根皮エキス、カミツレ花エキス、アセロラ果実エキス、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、水酸化K、カルボマー、トコフェロール、BG、フェノキシエタノール
    2位ママはぐ 日焼け止めミルクα(SPF37/PA+++)
    ママはぐ 日焼け止めミルクα
    使用感

    ママはぐ 日やけ止めミルクαの中身とUVラベル結果

    • 伸びが良く、吸収剤なのでまったく白くなりません
    • 顔も体も、全身使えます
    • 落とす際も、普通の入浴(体を洗う・お湯洗顔)で落ちました
    • 塗っている・塗っていない箇所が見た目にわからないことと、白くないので汗で落ちてもわからないのが難点に思えました
    商品の特徴
    • お外であそぶお子さまのための「ママはぐ」シリーズは、元気なお子さまを応援します。
    • 「日やけ止めミルクα」は携帯用の日やけ止め。公園や野原で虫や草花と遊ぶとき、これ1本で持ち運べて便利です。
    • 子ども・ベビー向け日やけ止めブランドで最高値のSPF37/PA+++で、お子さまの肌を紫外線からやさしく守ります。
    • レモンユーカリ油にも含まれるメンタンジオール(保湿成分)配合。
    • 弱酸性・低刺激性で、せっけんで簡単に落とせます。
      紫外線防止成分:紫外線吸収剤

    28g 660円(税込)
    ※2020年1月8日現在

    公式サイト:ママはぐ 日やけ止めミルクα

    全成分 水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、DPG、メンタンジオール、トリエチルヘキサノイン、PEG-60水添ヒマシ油、ヨーグルト液(牛乳)、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、BG、セタノール、ポリシリコーン-15、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、コハク酸2Na、コハク酸、ステアリン酸グリセリル、EDTA-2Na、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、キサンタンガム

    2.紫外線透過を検証した結果をご紹介

    1のランキングの根拠となった、紫外線透過の検証をどのように行ったかをご紹介します。

    日焼け止めは、「ただ塗れば、紫外線カットできる」という商品ではありません。
    塗る量や塗り直しも必要ですし、さらに「紫外線カットしやすい形状」であることが大事なのだとわかる結果となりました

    大人にも大切な日焼け止め選びの参考になるので、ぜひチェックしておいてください。

    2-1.【検証】日焼け止めの紫外線透過度合いをチェック

    【手順①】クリアファイルを加工して、UVラベルを貼付

    紫外線透過テスト①

    【手順②】日焼け止めを一つずつ丁寧に、塗り広げます

    紫外線透過テスト②

    【手順③】天気のいい日の屋外に2分間おきます

    紫外線透過テスト③

    テスト日は、2020年3月8日。
    UV指数「8」という紫外線が強い日ですが、湿度が低く、からっとしていて気持ちのいい日でした。

    【手順④】2分後、引き揚げたUVラベルの色をチェックします

    紫外線透過テスト④

    2-2.【検証結果】「ほぼ白いまま」の紫外線を透過しにくい日焼け止めは8商品

    紫外線透過の検証結果

    番号 おすすめ度

    パックスナチュロン UVクリーム
    薄いピンク

    アロベビー UVクリーム
    ほぼ白

    ピジョン ベビーウォーターミルク
    薄いピンク

    ママ&キッズ UVライトベール
    薄いピンク

    ママバター UVケアクリーム(SPF25/PA++)
    ほぼ白

    ユースキン日焼け止めミルク(SPF25/PA++)
    ほぼ白

    まも肌 ベビーUVエアリークリーム
    薄いピンク

    ニベア SUNプロテクト ウォータージェル こども用
    ピンク ×

    アトピタ 保湿UVクリーム(SPF29/PA++)
    ほぼ白

    キュレル UVミルク(SPF30/PA++)
    ほぼ白

    シーラボ ベビーUVクリーム(SPF30/PA++)
    ほぼ白

    紫外線予報 UVさらさらジェル(SPF30/PA+++)
    ほぼ白

    スキンピースファミリーハーブUVジェル
    薄いピンク

    ママはぐ 日焼け止めミルクα(SPF37/PA+++)
    ほぼ白

    ビオレ さらさらUVのびのびキッズミルク
    ピンク ×

    キスミー マミーUVアクアミルク
    薄いピンク

    ※あくまでも実験なので実際の肌の状況とは異なります。
    ※UVラベルの端だけピンクになることは、塗り方の点から今回は考慮しません。
    ※②は商品自体にSPFやPA表記がなく、紫外線カット効果が不透明であったため今回は省きました。

     

    この結果から、紫外線を透過させない日焼け止めは、⑤、⑥、⑨、⑩、⑪、⑫、⑭だということがわかりました

    共通していることは、以下の通りです。

    紫外線透過しにくい日焼け止めの特徴

    • 形状は、クリーム
    • 白っぽくなるタイプ
    • 紫外線散乱剤を配合している

    まとめ

    子供に使いたい、日焼けしにくい日焼け止めの特徴は以下の通りです。

    紫外線透過しにくい日焼け止めの特徴
    • 形状は、クリーム
    • 白っぽくなるタイプ
    • 紫外線散乱剤を配合している

    逆に、使いやすくて便利なものの、日焼けをしてしまう可能性が高い日焼け止めの特徴は以下の通りです。

    紫外線を透過させやすい日焼け止めの特徴
    • 形状は、ジェルや乳液
    • さらさらしていて、伸びやすいタイプ

    一見すると「使いやすい日焼け止め」としての特徴で あるものの、この特徴を持った日焼け止めは、ピンク色になりました。

    「子供用」だからこそ、「塗り広げやすいものを」と思います。
    でもこれが逆に、塗っても日焼けすることにつながってしまうことに

    この結果を踏まえて、SPFや使用感、塗り広げやすさなどを考慮してランキングをしましたので、参考になれば嬉しいです。

    コメント