肌のごわつきは老化のサイン|今こそスキンケアを見直すチャンス

誤ったスキンケア

肌のごわつきは、老化のサイン。
肌のごわつきは、肌内部が乾燥して、角質が分厚くなっている証拠。

見た目にも、みずみずしさが失われ、ハリやツヤがなくなります。
ごわついた肌には、角栓や黒ずみが目立ち、乾燥して肌の柔軟性が乏しいためにシワも増えます。

このように、肌のごわつきは、これから老化がはじまる合図です

こんなことを言うと、「肌のごわつき」に、マイナスのイメージを持たれるかもしれません。

でも、少し考え方を変えるだけで、「肌のごわつき」をプラスに変えることができます。

「肌のごわつき」は、今までのスキンケアが合わなくなってきた合図です
だから、これからの自分の肌に合った方法に変えるきっかけを教えてくれたと前向きにとらえましょう。

よく考えてください。
何事も、今までうまくいったからといって、同じことを続けていても、この先もずっとうまくいく保証なんてありません。
特にスキンケアは、年齢や肌質の変化によって、柔軟に対応していく必要があります。

むしろ、肌の変化に気づかずに手遅れになることが一番悲惨です。

もし、肌のごわつきを感じたら、スキンケアを変えるいい機会だと考えて、お手入れを見直し
今のあなたにピッタリのスキンケアで、いつまでも変わらないキレイな肌を目指しましょう。


1.肌のごわつき原因と対処法

肌のごわつき原因

  • 老化:ターンオーバーの乱れ
  • 毎日のスキンケアによる物理的な刺激。
  • 不完全な紫外線対策による刺激

肌のごわつきは、角質の層が増えて、肌が分厚くなることです。
肌が分厚くなることで、柔軟さが失われ硬くなります。

私たちの体の部位だと、足のかかとをイメージしてください。
非常に角質が分厚く、ザラザラした手触りです。

色は、少し赤黒く、乾燥しているためにひび割れることもあります。
のように分厚くなった角質が、「肌のごわつき」の正体です

角質が分厚くなる肌のごわつきの原因は、

  • 老化:ターンオーバーの乱れ
  • 毎日のスキンケアによる物理的な刺激
  • 不完全な紫外線対策による刺激

この3つです。

詳しく見ていきましょう。

1-1.肌のごわつき原因【1】老化:ターンオーバーの乱れ

肌には生まれ変わり周期(ターンオーバー)があり、およそ28日で一巡します。
一般的に新陳代謝が活発なのは、18歳までとされています

そのため、18歳をピークに徐々にターンオーバーの周期は乱れてきます。
多くの場合は、肌の生まれ変わるスピードが長くなってきます。

ターンオーバーの周期が長くなると、古い角質が落ちずに肌に残ります。
その結果、角質が分厚くなり肌のごわつきを感じます

ポーラ文化研究所が行った「女性の化粧行動・意識に関する実態調査~スキンケア・メーク篇 2011~」によると、対象者全員1,500人老化を実感する年齢層は、20代と30代で、ほぼ倍増しています。

【老化を実感した割合】

  • 20代以下:12%
  • 30代  :23%

また、『実感している肌の老化現象 年代別ランキング』でも、

  • ほうれい線の目立ち
  • 小ジワ・シワ
  • ハリのなさ

など、肌のごわつきから始まる肌の老化現象が上位を占めています

肌のごわつきは、老化が始まるサイン。
すぐにスキンケアを見直しましょう。

具体的な、肌のごわつき改善法は後述します。

1-2.肌のごわつき原因【2】毎日のスキンケアによる物理的な刺激

ごわつき肌に刺激になる行為

  • 美顔ローラー
  • マッサージ
  • パッティング
  • 洗顔のしすぎ
  • 洗顔ブラシ
  • ふき取り化粧水
  • 強い洗浄力
  • 化粧品の使いすぎ

先ほど、肌のごわつきの例として、足のかかとを例にあげました。

なぜ、足のかかとは、ザラザラで、角質が分厚いのでしょうか?

その理由は、物理的な刺激によるものです。
かかとは、狭い範囲で全身を支えています。

そのため、かかとには、大きな刺激が加わります。
走ったり、飛び跳ねたりすると、体重の何倍もの負荷がかかります。

肌は、大きな刺激が加わると、少しでもダメージを軽減しようと、角層を分厚くします
分厚くすることで、肌の耐久性を上げて、肌の破損が防げます。
また、角質を厚くすることで、クッションの役割をはたして、肌への刺激が軽減できます。

このように、肌に刺激を受ける部位ほど、角質が厚くなってごわつきます。

1-2-1.顔もかかともごわつく原因は刺激

角質が厚くなって、肌がごわつく原因は刺激です。
かかとの角質が厚くなるのは、体重を支える際に生じる刺激です。

となると、なぜ、顔の角質が厚くなってごわつくのでしょうか?
本来、顔は刺激を受ける部位ではありません。

でも、顔もかかとも、ごわつく原因は同じです。
つまり、顔にも角質が厚くなってごわつく原因となる刺激を受けています

特に、毎日のスキンケアには、注意が必要です。
美肌になるための行為が肌のごわつきを生み出す原因になっているかもしれません

例えば、、、

  • 美顔ローラー
  • マッサージ
  • パッティング
  • 洗顔のしすぎ
  • 洗顔ブラシ
  • ふき取り化粧水
  • 強い洗浄力
  • 化粧品の使いすぎ
    など

このような行為は、一度当たりの肌への刺激はたかが知れています。
でも、毎日繰り返すことで徐々に積み重なり、大きな刺激になりえます

肌にごわつきを感じる場合は、肌に無用な刺激を避けましょう。

1-3.肌のごわつき原因【3】不完全な紫外線対策による刺激

肌のごわつきは、老化が始まる合図です。
肌を老化させる一番の原因は、「紫外線」です

ただでさえも、紫外線は肌の大敵ですが、肌のごわつきには最悪の刺激になります。
ごわついた肌は、乾燥していて、敏感な状態です。

バリア機能が低下して肌を守る力が弱いので、紫外線による刺激をもろに受けてしまいます。
わつきがひどくなるだけでなく、シワやシミ、皮膚がんなどにも発展する可能性があります

紫外線による肌へのダメージを避けるために、外出する際は、徹底的に紫外線対策を行いましょう。
「ちょっとだけだから、日焼け止め塗らなくてもいっか~」といった少しの油断が命取りになります。

日焼け止め、日傘、帽子などを使って、完全防備を整えてください。


2.肌のごわつき診断

肌のごわつきといっても、ピンからキリまであります。
今まで肌のごわつきに悩むお客様からいただいた声をもとに「肌のごわつき診断」を用意しました

あなたの肌のごわつき度を、一度判断してみてください。

3つ以上当てはまると、これから肌の老化が一気に進む可能性が!
今すぐ、肌のごわつきを柔らか肌に改善しましょう


3.こんな肌のごわつきは、スキンケアを見直しましょう

肌のごわつきは、老化の前兆。
特に、これから紹介するごわつきを感じたら、現在のスキンケアがあっていない証拠かも。

肌のごわつきを改善するために、スキンケアを見直しましょう。
肌のごわつきを改善する具体的な方法は、「深刻な肌荒れになる前にゴワゴワ肌をやわらか肌に戻す3つの方法」この記事を参考にしてください。

3-1.洗顔時に肌のごわつきを感じる

洗顔時に肌のごわつきを感じるなら、洗顔料を見直しましょう
洗顔料の洗浄力が強すぎるために、肌に必要な保湿成分まで洗い流している可能性があります。

肌の保湿成分をすべて洗い流してしまうと、肌が乾燥して、ごわついがひどくなります。
今お使いのものより、もっとマイルドな洗浄力の洗顔料に変更しましょう

洗浄力の目安は、、、

  • 洗顔後に強いツッパリを感じる
  • 洗顔料を洗い流してすぐにツッパリを感じる

このような洗顔料は避けましょう。

また、安全テストをクリアした洗顔料もおすすめです。

  • スティンギングテスト済
  • パッチテスト済
  • アレルギーテスト済

ニキビが気になるひとは、「ノンコメドジェニックテスト済」がおすすめです。

3-2.冬になると肌のごわつきが気になる

冬になると、「空気」が乾燥します。
湿度が低くなるため、冬になると乾燥が原因で肌のごわつきを感じる場合があります

この場合は、保湿化粧品を見直しましょう。

冬が近づくと肌のごわつきを感じるということは、肌の保湿力が低下しているということです。
つまり、今お使いの保湿化粧品では、保湿力が足りないと言えます。

そのため今のものより、高保湿な化粧品が必要です。

高保湿の化粧品を探すなら、抗シワ試験済化粧品がおすすめです。
保湿力によって、乾燥による小じわが目立たなくなる効果が評価されているので、一定以上の保湿力があります。


まとめ

肌のごわつきは、老化のサイン。
肌は硬くなり、毛穴は目立ち、メイクのノリも悪くなる。

いいことなんて何一つないと思うかもしれませんが、あなたのスキンケアを見直す絶好のチャンスです。
ぜひ、現在のあなたの肌に合ったスキンケアに変更してください。

肌のごわつきを改善するスキンケアは、こちらの記事「深刻な肌荒れになる前にゴワゴワ肌をやわらか肌に戻す3つの方法」を参考にしてください。

この記事が、あなたのごわつき改善の糸口になればうれしく思います。

コメント