「目の下のクマは改善できる」原因や対策方法まとめ

目の下のクマ解消法

疲れて見えたり、老けて見えたりする目の下のクマ。
なんとか改善したいと思っている人は多いでしょう。
クマというと寝不足が原因のイメージがあるかもしれませんが、実はそれだけではありません。

クマには種類があり、原因も対策方法も種類によって違います。
つまり、自分のクマがどの種類かを知り、クマの種類に合ったケアをしないと、効果が期待できないのです。

この記事では、目の下のクマの種類や原因、そして種類別の対策方法を紹介します。
クマをケアしたい人は、ぜひ参考にしてください。
気になるクマの改善を目指して、できることから始めてみましょう。


1.目の下のクマは4種類

ロート製薬が2019年に行った調査によれば、気になる目周りの悩みとして、20代から50代のすべてでトップになったのは「クマ・くすみ」でした。
年齢を問わず悩みのタネになるクマですが、一口にクマといってもすべて同じではありません。

一般的にはクマには4種類あり、それぞれ対策が違うとされています。

この章では、4つのクマの特徴と見分け方、原因を紹介します。

1-1.ひっぱっても消えない「茶クマ」は色素沈着

目の下がくすんで茶色く見えるのがいわゆる「茶クマ」です。
茶クマはどの角度から見ても薄くならず、上を向いても見え方が変わりません。

目の下をやさしく引っぱったときに、肌とともにクマも動き、色の変化がほとんどなければ茶クマの可能性が高いでしょう。

茶クマの主な原因は、「色素沈着」だと言われています。
色素沈着と聞くと、「アイメイクの色が残ってるの?」と思う方がおられますが、違います。

このようなことでできる可能性があります。

  • 紫外線をよく浴びている
  • アイメイクの際のメイクブラシなどによる摩擦
  • かいたりこすったり、物理的な刺激
  • 皮膚の乾燥

紫外線や摩擦などの刺激から体を守るための防御反応として、肌はメラニン色素を生成します。

色素沈着とは、表皮に存在するメラノサイトで過剰に作られたこのメラニン色素が、正常に排出されず肌に沈着して起こるものです。

通常であれば、メラニンは肌のターンオーバーによって排出されるのですが、紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが乱れたりしていると、色素沈着して肌に残ることがあります。

スポーツやアウトドアなどで日ざしを浴びる機会が多い人は、茶クマができるリスクも高まります

また、普段からアイメイクをバッチリする人も気をつけたほうがいいでしょう。
マスカラやアイラインなどを落とすときに目元をゴシゴシこすっていると、摩擦によるダメージで色素沈着を起こしてしまうことがあります。

そのほか、花粉症やアレルギーなどがある人も、知らず知らずのうちに目をこすりがちなので注意しましょう。

1-2.青・赤紫っぽいのは「青クマ」

「青クマ」は、目の下が青っぽく見えるクマです。

場合によっては青黒く見えたり、赤紫に見えたりすることもあります
目の下をやさしく引っぱったときにクマの色が薄くなるなら、青クマだと考えていいでしょう。
また、日によって出方が違うことも青クマの特徴の一つです。

青クマの原因は睡眠不足や、目の疲れによる血行不良だといわれています。
目の下の肌はとても薄いので、滞った血液が青黒く透けて見えてしまうのです。
寝不足は青クマの原因ですが、睡眠時間が確保できていても、睡眠の質が悪いと青クマがあらわれる場合も

また、パソコンやスマホを長時間使うなど、目を酷使しすぎるのも青クマの原因になります。
そのほか、全身の冷えが原因で青クマが出ることもあるため、運動不足の人や冷え症の人も要注意です

1-3.たるみを伴うのが「赤クマ 」

「赤クマ」とは、目の下が赤く見えるクマのことです。
頬骨あたりをやさしく下に引っぱったときに赤みが増すのであれば、赤クマだと判断できます。

また、赤クマは、目の下のふくらみやたるみをともなうことがほとんどです

目の周りのある筋肉である「眼輪筋」が透けて赤く見えるのが、赤グマの特徴。
目の下には、眼球を包む脂肪である「眼窩脂肪」がありますが、この眼窩脂肪が眼輪筋を圧迫すると、筋肉の色が透けて赤く見えるのです。

1-4.影でできる「黒クマ」

「黒クマ」とは、目の下に影ができて黒く見えるクマのことです。

顔を正面から見たときに、目の下にふくらみやたるみがあり、クマがコンシーラーで隠れない場合は黒クマだと考えられます。
黒クマは目の下の影なので、顔を天井に向けた状態だと薄くなったり、見えなくなったりするのが特徴です

黒クマは、年齢とともに肌のハリや弾力が低下してたるむことで起こります。
目の下の肌がたるむと肌に段差ができ、その部分が影になるため黒く見えます。
そこにむくみが加わると、黒クマはますます目立ちます。

また、目の周りにあり、まぶたを開閉する筋肉である「眼輪筋」の衰えも黒クマの原因の一つです。

多くの場合、加齢とともに筋力は低下し、眼輪筋の働きも弱くなります。
すると、目の周りの肌や脂肪を支えきれなくなり、下まぶたにたるみができて黒い影になるというわけです。


2.目の下にできるクマの対策方法

クマは種類によって原因が違うので、対策方法もそれぞれ異なります。
そのため、種類に合わない方法でケアしていては、いくら努力しても思うような効果が期待できません。

ここでは、茶クマ・青クマ・赤クマ・黒クマの対策方法を、種類ごとに紹介します。
自分のクマに合った対策方法で、目の下のクマをケアしていきましょう。

2-1.茶クマの対策方法

色素沈着が原因で起こる茶クマの対策には、肌のターンオーバーを促すことが大切です。
ターンオーバーを整えるためには、食事や睡眠といった生活習慣の見直しが欠かせません。

さらに、茶クマがひどくなるのを防ぐためには、新たな色素沈着が起こらないよう、紫外線や摩擦を避けるのが肝心。

それでは、茶クマの具体的な対策方法をみていきましょう。

<紫外線対策を行う>
色素沈着を予防するためにも、すでにできている色素沈着を悪化させないためにも、紫外線対策は重要です。
目元はUVケアを怠りがちな部分ですが、日焼け止めやファンデーションは目元まで忘れずに塗るのがポイント。

ヨレを防ぐために、メイクの仕上げにフェイスパウダーで目元を押さえておくといいでしょう。

紫外線が強い時期には、メイクだけではなく、サングラスや帽子、日傘などをうまく使うのも大切です。

<摩擦を避ける>
アイメイクをするときや、メイクを落とすときは、肌をゴシゴシこすらないよう気をつけましょう。
アイメイクは目元専用のクレンジングを使い、やさしく落とすことをおすすめします。

花粉症やアレルギーなどで目をこすりがちな人も注意してください。

<スキンケアをしっかりと行う>
乾燥を防ぎ、ターンオーバーを整えるためにも、スキンケアはしっかり行いましょう。
特に、保湿は大切なポイント。
水分と油分をバランスよく補い、肌のうるおいを保ちましょう。

<バランスの取れた食事をする>
不規則な食生活はターンオーバーを乱す原因になることもあります。
ビタミン類やミネラル、タンパク質を積極的にとりましょう。

<睡眠不足にも注意する>
疲労やストレスも肌のターンオーバーを乱すといわれています。
睡眠時間は十分に取り、睡眠の質を高めて体の回復を促すよう意識しましょう。

2-2.青クマの対策方法

青クマは血行不良によって起こるため、血行をよくすることが肝心です。
睡眠不足に注意するとともに、適度な運動を取り入れて冷えを予防し、血行促進を心がけましょう。
具体的な青クマ対策には、次のようなものがあります。

<睡眠をしっかり取る>
血行不良の原因になるため、寝不足は大敵です。

睡眠の質を上げるためにも、寝る前のスマホ・パソコン使用はなるべく控えましょう。
肌のターンオーバーが活発になるのは22時~2時の間だといわれているため、就寝時間にも配慮したいところです。

<冷えを防ぐ>
全身の冷えは血行不良の原因になるため、毎日の生活に適度な運動を取り入れて冷えを防ぎましょう。

エレベーターではなく階段を使う、なるべく徒歩で移動するなど、ちょっとした心がけで運動量を増やせます。
デスクワークの人は、仕事の合間に肩回しやストレッチをして、血行を促すのがおすすめです。

また、1日の終わりにお風呂に浸かり、体を温めるのも血行促進に役立ちます。

<目の周りの血行を促す>
蒸しタオルを目に当てる、目の周りをやさしくマッサージするなどして、血行を促しましょう。
スマホやパソコンの長時間使用は、目の周りの血行を悪くするため要注意です。

<鉄分不足に注意>
鉄分不足は血行不良の原因になります。
鉄は比較的幅広い食品に含まれていますが、極端なダイエットや偏食などによって不足する可能性が高い成分です。
肉や魚、野菜、豆類などをバランスよく食べ、鉄分不足を防ぎましょう。

2-3.赤クマの対策方法

赤クマは眼窩脂肪が眼輪筋を圧迫することによって起こるため、目の周りの血行が悪くなりがちです。
青クマと同様、目の周りの血行改善を目指しましょう。

血行を促す栄養素を食事に取り入れるのもおすすめです。
ただし、老化による赤クマや、生まれつき眼窩脂肪が多いことによる赤クマは、セルフケアでは改善しないこともあります。

<蒸しタオルで血行促進>
濡らして絞ったタオルをラップに包み、電子レンジで好みの温度になるまで加熱します。
適温になったタオルで目の下からおでこまでをおおい、目元を温めましょう。

温めることで血行がよくなり、こわばった筋肉がほぐれます。

<目元をやさしくマッサージする>
フェイスクリームやマッサージクリームを使い、目元をやさしくマッサージして血流を促しましょう。

ただし、目の周りの肌はとてもデリケート。
力を入れて押したり、こすったりしないよう注意してください。

<ビタミンEを摂取する>
ビタミンEは血行改善に役立つとされる栄養素です。
アーモンドやピーナッツといったナッツ類、ほうれん草やブロッコリーなどの緑色野菜を食事に取り入れましょう。

2-4.黒クマの対策方法

たるみが原因の黒クマを対策するには、肌にハリを与えるとともに、目元のむくみを解消する必要があります。
肌の乾燥を防ぐ保湿ケアと眼輪筋トレーニングで、黒クマの改善を目指しましょう。

<保湿ケアを行う>
肌のたるみが原因で起こる黒クマには、目元の保湿ケアが欠かせません。
保湿成分が配合されたアイクリームや目元美容液などを使って、目元の乾燥を防ぎましょう。

<眼輪筋を鍛える>
眼輪筋はまぶたを開閉する筋肉です。
使わない筋肉は衰えるため、意識的に眼輪筋を動かすといいでしょう。
まぶたのむくみを予防するためにも、眼輪筋を鍛えるのはおすすめです。

目をグッと見開いて3~5秒キープしたあと、目の力をゆるめるという動作を数回繰り返すと、眼輪筋のトレーニングになるといわれています。

このとき、額に力が入ると額が上がったり、額にシワが寄ったりします。
額が上がってしまう場合は軽く手で押さえ、なるべく額に力がかからないよう注意しましょう。


3.目の下のクマがひどい場合はメイクで隠すのがおすすめ

目の下のクマがひどい場合、メイクをうまく使ってカバーするのがおすすめです。
肌と同じ色のファンデーションを厚く重ねるだけでは、クマを自然にカバーすることはできません。

ここでは、コンシーラー編とハイライト編に分けて、クマをカバーするメイク法を紹介します。

クマの種類に合わせたアイテム選びで、効果的にクマを隠しましょう。

3-1.コンシーラー編

目の下は肌が薄い上、よく動く部分なので、よれにくいリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。

まずは、目のキワから少し離して、クマがある部分に薄めにのせます。
次に、コンシーラーの輪郭部分をブラシや指先でトントンとやさしく押さえ、周りの肌となじませましょう。

ベースメイクを厚塗りしてしまうと崩れやすいため、下地やファンデーションを薄めに仕上げるのもポイントです。
また、クマを自然にカバーするためには色選びが肝心。
クマの種類に合わせた色をチョイスしましょう。

<茶クマ>
茶クマは、目の周りを明るく見せてくれる、イエロー系のコンシーラーでカバーしましょう。
肌に合わせた色のコンシーラーを厚く塗るのは、かえってその部分が暗く見えたり、よれたりするのでおすすめできません。

<青クマ>
目の下の青みをカバーするには、青の補色であるオレンジのコンシーラーが効果的です。
目の下に血色を加えたい場合は、ピンクを選んでもいいでしょう。

<赤クマ>
赤クマの場合は、濃さに合うカラーを選びましょう。
薄いクマなら明るさをプラスできるイエロー、濃いクマなら赤の補色であるグリーンのコンシーラーがおすすめです。

<黒クマ>
たるみによる影が原因の黒クマには、肌を明るく見せるパール入りのコンシーラーがぴったり。
クマが濃い場合は、オレンジ系のカラーを選ぶといいでしょう。

3-2.ハイライト編

コンシーラーだけでなく、ハイライトをプラスするのもクマをカバーする方法の一つ。

コンシーラーにはパウダータイプのほか、クリームタイプやリキッドタイプもあります。
それぞれ特徴や仕上がりが違うので、好みに合わせて選びましょう。

パウダータイプのハイライトは分量を調節しやすく、初心者でも使いやすいのがポイント
サッと塗るだけで自然なツヤ感が出せます。

下地とファンデーションを塗ったあとに、ブラシを使って目の下にふんわりと入れましょう。

クリームタイプやリキッドタイプのハイライトはうるおいのあるツヤ感を出したいときにおすすめです。
クマをカバーするには、指に少量のハイライトを取り、目頭から斜め下にのせていきます。

何度も重ね塗りせず、ポンポンとやさしくタップしながら塗るのがコツ。

骨格に沿って入れれば光の効果で目元がパッと明るくなり、クマを自然にカバーできるでしょう。
目元はメイクが特によれやすい部分なので、つけすぎには注意してください。


4.目の下のクマに関するQ&A

最後に、目の下のクマに関する3つの疑問とその答えを紹介します。

  • 目の下のクマやたるみがなかなか治らない場合、整形などの治療はできる?
  • 男性の目の下のクマのおすすめ対策方法はある?
  • 子供の目の下にクマがあるとき、どうすれば良い?

気になっている人はぜひ参考にしてください。

4-1.目の下のクマやたるみがなかなか治らない場合、整形などの治療はできる?

目の下のクマやたるみがセルフケアで改善しない場合は、美容医療を受けるのも選択肢の一つです。
クマの治療方法は、クマの種類や程度によって異なるため、診察とカウンセリングを経て決定されます。

代表的な治療方法としては、切開によってたるみや脂肪を取り除く治療や、ヒアルロン酸などを注入してくぼみを改善する治療、レーザー治療などがあります。

ただし、美容整形を始めとする美容医療にリスクはつきものです
施術中や施術後の痛み、副作用、合併症や後遺症などのリスクについて、きちんと理解し、納得した上で施術を受ける必要があります。

さらに、期待どおりの効果が得られないケースがあることも知っておきましょう。
消費者庁では、美容医療を受ける前に確認したい事項として、次のようなチェックリストを紹介しています。

Check1 使用する薬などがどのようなものか、自分でも説明できますか?
Check2 効果だけでなく、リスクや副作用などについても知り、納得しましたか?
Check3 ほかの施術方法や選択肢の説明も受け、自分で選択しましたか?
Check4 その施術は「今すぐ」必要ですか?最後にもう一度、確認しましょう。

引用:消費者庁「美容医療を受ける前に確認したい事項と相談窓口について

4-2.男性の目の下のクマのおすすめ対策方法はある?

男性の目の下のクマにも、女性と同じように4つの種類があります。
自分のクマがどのタイプなのか見極めて、クマの種類に合った対策をしましょう。
クマをすぐにカバーしたい場合は、女性のメイクと同じようにコンシーラーを使うのも一つの手。

男性用のコンシーラーも販売されているので、チェックしてみてはいかがでしょう。

4-3.子供の目の下にクマがあるとき、どうすれば良い?

寝不足でなくても、子供の目にクマがあらわれることはあります。
子供に目の下にクマができる理由は、主に以下のようなものです。

<アトピー性皮膚炎やアレルギー、花粉症>
目の下だけでなく、目の周りが全体的にくすんでいる場合は、アトピー性皮膚炎やアレルギー、花粉症による色素沈着かもしれません。

目の周りの肌は薄くデリケートなので、かいてしまうとその刺激で色素沈着が起き、茶クマができやすくなるのです。

医療機関を受診し、かゆみの原因を治療しましょう。

<スマホやゲーム機の使いすぎ>
スマホやパソコン、ゲームなどに熱中していると、まばたきの回数が減り、まぶたの筋肉の動きも少なくなります。
すると目の周りの血行が悪くなり、クマができることがあります。

スマホやゲームの長時間使用に注意しましょう。

<貧血>
貧血によって血流が悪くなると、滞った血液の青黒い色が透けて見え、青クマがあらわれます。

特に運動量の多い子供は鉄分不足になりやすいといわれているため、バランスの取れた食事ができるよう配慮しましょう。

<その他>
まぶたを開閉する筋肉である眼輪筋の働きが弱いと、目の周りが血行不良を起こし、クマができることがあります。
また、色が白いと血液の色が透け、クマが出やすいといわれています。

子供のクマで心配なことがある場合は、医療機関の受診をおすすめします。


まとめ

最後に、クマは貧血によって目の周りの血行が悪くなったり、ダイエットで急激に体重が減ったりしたときに出やすくなります。
それ以外にも、目の下のクマが病気の徴候である可能性もあります。
「急にクマが濃くなった」「クマ以外にも気になる症状がある」という人は、かかりつけ医や健康診断等の受診をおすすめします。

目の下のクマをケアするためには、以下のポイントが大切です。

  • 自分のクマの種類を見極める
  • クマの種類に合った方法で対策する
  • スキンケアだけでなく、食事や睡眠などの生活習慣も見直す
  • クマの原因が病気の可能性も考慮する
  • クマがひどい場合はメイクでカバーして気持ちを上げる
  • 美容医療も選択肢の一つだが、リスクと副作用について理解・納得する必要がある

この記事を書いている私自身も、マスク生活をし始めてから自分の黒クマが気になりだしました。
普段は気にならなくても、目元が強調される生活だと気になってしまいますよね。

私の場合は、冷え・むくみもありましたので、冷えにくいように着圧靴下をはいたり、足のふくらはぎを動かす運動、お風呂の中で足の指を動かすなどいろいろ試してみています。
成果がでたら、また別途記事にしたいと思っています。

私と同じように、目の下のクマでお困りの方がおられたら、この記事を参考に、自分のクマの種類に合った対策をして、一緒に改善を目指しましょう。