電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2020年03月26日

マスクの肌荒れ・消毒による手荒れに効果的な対処法

こんにちは。

アースケアの下田梨絵です。

新型コロナウイルスのニュースから目が離せない毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

アースケアでは、先週あたりから【マスクによる肌荒れ】のご相談が増えてきました。

マスクをしている部分が、

  • 乾燥する
  • 赤くなる
  • ヒリヒリする

など……、つけないわけにもいかないので、とてもツライ状況ですよね。

また、消毒や手洗いによって【手荒れ】でお悩みの方も増えています。

そこで、この数週間、ウキウキメイトの皆さまからお話を伺いながら、いろいろな対策を試していただきました。

その中で、いくつか効果的な対策が見つかったので、本日のウキメルでご報告します!

まずは、【マスクによる肌荒れ】からです。

マスクを脱ぐ前の「保湿」で乾燥を防ごう!

  • マスクで肌が乾燥する・ガサガサ・ゴワゴワする

こういう場合は、マスクを脱ぐ前に、マスクのすきまからアクアテクトゲルをひと塗り!

ぜひ、この方法をお試しください。

マスクの中の湿度は、なんと95%以上。

こもった湿気は、マスクを外したときに、一気に蒸発します。

このとき、起こるのが【過乾燥】

もともと肌が持っている水分が一緒に蒸発してしまう現象です。

マスクなしで過ごすよりも、ずっと、肌が乾燥してしまうのです。

これが、マスクによる肌荒れを招く大きな原因です。

ですから、マスクを外す前に、アクアテクトゲルでうるおいを補給!

ひと塗りでいいので、お試しください。

肌の乾燥が全然違ってきますよ。

マスクが当たる部分には、ワセリンを塗って摩擦を防ごう!
マスクがあたって痛い・かゆい・赤くなる。

という場合、大きな原因はマスクによる「摩擦」です。

そこで、マスクがあたる部分に、ワセリンを塗ってみてください。

ワセリンは肌に浸透せず、肌表面を覆います。(ベタベタした状態)

おかげで、肌とマスクの間で起こる摩擦を吸収してくれます。

少し多めに塗るのがおすすめです。

肌荒れしにくいマスクのポイント
摩擦は、マスクの大きさや素材・形があっていないと起こりやすくなります。

マスク自体がなかなか手に入りにくい状況ではありますが、もし機会があれば、マスク自体の見直しもご検討ください。

    <肌荒れしにくいマスクのポイント>

  • 口の周りに空間ができる
  • 顔にフィットして動かない
  • ガーゼや布タイプ

 
では、続いて、【手荒れ】の対策についてもご紹介しますね。

毎日の消毒・手洗いで、手が荒れる人増加中
マスク以外にも、最近、すっかり習慣化したのが、

  • アルコール消毒
  • 石けんを使った手洗い

です。

アースケアのスタッフたちも、自発的に行っています。

でも、そうなると新たな問題が最近起こっています。

それが手荒れ。

もともと乾燥肌ではなかった人も、頻繁に手を洗ったり、アルコールを使うことで、

  • 手がカサカサする
  • 少しかゆい
  • 赤くなってきた

といった声が聞こえるようになりました。

そこで、あらためて活躍しているのが【アクアテクトゲル】です。

消毒・手洗いのあとにアクアテクトゲルで保湿!
こうして除菌を行った後は、アクアテクトゲルで必ず保湿を行いましょう。

消毒も手洗いも、肌の乾燥を促します。

アルコールは、揮発性が高いため、蒸発する際に手の水分も一緒にうばっていきます。

また、石けんは皮脂(水分を守るもの)をとりのぞくため、肌の水分が蒸発しやすくなります。

繰り返し行うことで、手がどんどん乾燥してしまうのは、当然です。

アクアテクトゲルは、たっぷりの水分と、その水分をキープするための油分がギュッと詰まっています。

そのため、ひと塗りで、失ったうるおいを補給し、さらに維持できます。

少し塗るだけでも全く肌状態が変わりますので、消毒・手洗いのアフターケアにぜひご利用ください。

アクアテクトゲルとハンドクリームの使い分けも◎
ハンドケアといえば、一般的に、一番に思いつくのはハンドクリームです。

アクアテクトゲルとの違いは、水分ではなく、ほぼ油分でできていることです。

そのため、肌に水分は与えられません。

    ハンドクリーム:油分

    アクアテクトゲル:水分+油分+保湿成分

 
その代わり、

  • 水分の蒸発を防ぎ
  • 水をはじく

という役割を果たします。

ですから、次のように使い分けるのもおすすめです。

ハンドクリームを使うとき

  • うるおいのある手をキープしたいとき
  • 水仕事をする前
  • アクアテクトゲルをしばらく塗れないとき

等に使うと便利です。

アクアテクトゲルを使うとき

  • 肌のうるおいを補給したいとき
  • こまめに塗り直しができるとき
  • 水仕事をしないとき

等に適しています。

使用状況や肌状態に合わせて、使い分けるといいですね。

手洗い・消毒は引き続き、日常で欠かせないものになると思います。

自分や周りの人たちを守るために行うことだからこそ、手荒れの苦痛や不便など感じずに、きちんと行ってゆきたいですね。

アクアテクトゲルをぜひお役立てください。

★万一に備え、化粧品のストックをご検討ください
ご存じの通り、新型コロナウイルスにまつわる状況が、日々、変化しています。

私たちが、今一番、危惧しているのは、主要道路や都市が封鎖されることです。

こうなれば、商品をお届けできなくなるおそれもあります。

そのため、万一に備え、ストック分の購入をご検討ください。

スキンケアは、肌と心の両方を整える行為です。

だからこそ、この非常時にもいつも通りのお手入れを続けていただきたいと思います。

ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

最新の記事

閉じる